「9110714」と書いて何と読む? 懐かしのポケベルが、東京の街じゅうで鳴り響いていた頃

ポケベル、持っていましたか? 携帯電話がない時代、ポケベルはサラリーマンのみならず若者にとっての大切なコミュニケーションツールでした。懐かしい当時の記憶を振り返ります。


日本でのサービス開始は1968年

「87410971」と書いて「離したくない」と読む。

 そんな独特の言語を使う人たちが東京に、たくさんいた時代があったことを覚えているでしょうか。1990年代、ポケベル全盛期のことであります。

ポケベル(画像:写真AC)

 ポケベル、正式名称をポケットベルと呼ぶこのアイテムは、1958(昭和33)年にアメリカのオハイオ州コロンバスで「ベルボーイ・サービス」という名前で始まったものです。

 日本では1968年に電電公社が東京23区でサービスを開始し普及が始まりました。

 当初は、呼び出し音が鳴るだけで、呼び出されたら会社に電話をするという形で利用されていたポケベルですが、大きく変化したのは1987年のことでした。

 この年、新たにプッシュ信号で数ケタの数字を送信できる機種のサービスが始まったのです。

 この機種の登場まで、ポケベルは限られた人が使用する「あまり持っていたくはない」アイテムでした。主なユーザーは外回りの多いサラリーマン。呼び出し音が鳴ったら、公衆電話を探して会社に電話をしなくてはならなりません。

 当時の東京の街頭では、ポケベルで呼び出されて慌てて公衆電話を探したり、行列に並ぶサラリーマンの姿が当たり前に見られたものでした。

東京の生活を劇的に変えた


【画像】日本の働き方100年 電話交換手 → 黒電話 → ポケベル → スマホ(計11枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/11/211113_bell_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211113_bell_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211113_bell_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211113_bell_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211113_bell_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211113_bell_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211113_bell_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211113_bell_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211113_bell_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211113_bell_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211113_bell_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211113_bell_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211113_bell_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211113_bell_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211113_bell_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画