東京ビッグサイト恒例 世界最大級の同人誌即売会「コミケ」はいかにして生まれたのか

世界最大規模の同人誌即売会「コミックマーケット」。その歴史について、法政大学大学院教授の増淵敏之さんが解説します。


日本のポップカルチャーが一堂に集結

 コミックマーケット(以下、コミケ)は東京ビッグサイト(江東区有明)で毎年8月・12月に開催される漫画同人誌の大規模な展示即売会です。

コミックマーケットが開催される東京ビッグサイト(画像:写真AC)

 類似イベントのスーパー・コミック・シティやコミコン・インターナショナル(アメリカ)と比べても、その規模は世界最大級。これまで定期開催だけで97回開催されています(2019年12月時点)。

 2013年夏に開催された「コミックマーケット84」では、東京ビッグサイトを3日間借り切って行われ、サークル参加者は約3万5000スペース、一般参加者数は約59万人に上りました。また2019年の「コミックマーケット96」では、東京ビッグサイトと青海展示場の2か所で4日間開催され、一般参加者数は約73万人でした。しかし2020年の「コミックマーケット98」はコロナ禍のため、中止を余儀なくされました。

 そんなコミケには、漫画・アニメ・ゲーム・音楽・アイドルなどの同人誌から、コスプレ衣装、アクセサリー、フィギュアなどの工芸品、ペット、ガーデニング、嗜好(しこう)品などの同人誌まで、現代日本のポップカルチャーが一堂に集まります。

 このような同人誌は店舗でも販売されていますが、コミケ限定の同人誌も多く存在するため、サークルにとっても一大イベントになっています。活字メディアはインターネットの普及で苦境に立っていますが、コミケには陰りが見えません。

 コミケの成長の背後にはどのような物語があったのでしょうか。もちろん最初から現在の規模だったわけではありません。

コミケ初開催は1975年


【調査結果】コミケでコスプレを楽しむマンガ・アニメ好きの20代女性は4人に1人だった!

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/06/210618_comic_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210618_comic_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210618_comic_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210618_comic_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210618_comic_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210618_comic_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210618_comic_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画