東京の人口が1年で4万人も減少! 相次ぐ「地方転出」は吉と出るのか凶と出るのか

コロナ禍の影響などで、この1年間で約4万人が去った東京。その影響と未来について、フリーランスライターの小川裕夫さんが解説します。


感染拡大から約2年

 新型コロナウイルスの感染拡大から約2年、この間で私たちの生活は大きく変わりました。コロナ禍では新しい生活様式が提唱され、ソーシャルディスタンスやマスク着用、黙食などがあちこちで推奨されました。

 街の飲食店やオフィスでは、感染症対策として席と席の間にアクリルボードが立てられました。スーパーやコンビニの入り口には、消毒液や体温測定器が置かれていることが日常風景になっています。

 仕事面ではできるだけ接触をしないよう、テレワークが推奨されました。Zoomなどのオンラインツールも定着しています。コロナ禍から約2年。私たちを取り巻く社会環境は大きく変わったのです。

なぜ東京の人口は増え続けてきたのか

 コロナ禍による変化は、人口動態にも見られます。東京都は12月27日(月)、都内の人口が2021年1月から11月末までで、約3万8000人減少したことを発表しました。まだ12月の統計は出ていませんが、東京都が2021年の1年間で人口を減少させたことは確実な情勢です。

多くの人たちが行き交う東京都(画像:写真AC)

 東京都の人口は25年間にわたって、右肩上がりを続けてきました。その背景には、18歳の男女による進学・就職があります。

 高校を卒業して大学・就職といった進路に直面する節目が18歳です。地方にも大学や企業はありますが、東京・大阪に比べると選択肢は限られています。希望にあふれる若者が自分のやりたい学問・仕事のために都会へと出てくるのです。

 いったん大都市へと進学・就職してしまうと、そこに生活基盤が築かれます。仮に地元へ戻りたくても、

・仕事はあるのか?
・社会環境/生活習慣が異なる地域になじめるのか?

という現状があり、また、結婚や子どもの誕生といった環境の変化もあります。

 こうした事情もあって、東京に出てきた若者たちの多くは地元に戻らず、東京は人口を増やしてきたのです。

企業の「概念」も大きく変化


【画像】多い?少ない? 東京都の「人口減少」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2022/01/220105_jinko_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220105_jinko_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220105_jinko_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220105_jinko_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220105_jinko_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220105_jinko_04-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画