子どもの「学力格差」を生み続ける、打倒すべき敵の正体

東京都の一斉学力テストからわかる学力格差拡大の原因について、教育ジャーナリストの中山まち子さんが解説します。


学力格差の是正を狙っている面も見え隠れ

 毎年4月、主に全国の公立小中学校生を対象に行われる全国学力テスト。同テストは2007(平成19)年度からスタートし、2019年度で13回目を迎えました。本年度の東京都の結果は、小学生が国語と算数の総合で7位、中学生が国語、算数と英語の3教科総合で6位と高い順位となっています。

 また東京都では独自に児童や生徒の学力向上を図るための調査を毎年実施しており、今回はその意図などについても考えていきたいと思います。

 東京都は全国学力テストと同じ2004年度から、小学5年生と中学2年生全員を対象に一斉学力テストを実施しています(中学生は2003年度から)。その後、公立中の中学1年生と小学4年生を対象とした時期もありました。

生徒と学力テストのイメージ(画像:写真AC)

 一斉学力テストは、小学生では4教科(国語・算数・理科・社会)、中学生は5教科(国語・数学・英語・理科・社会)と、主要科目全てでテストを実施しているのが特徴です。

 生徒がつまずきやすい単元(教科指導の単位)や問題を全教科で細かく分析し、生徒たちの理解力を向上させようとしている東京都の意図がうかがえます。

 一方、東京という土地柄もあり、早い年齢から塾に通っている生徒とそうではない生徒の学力格差が広がりやすい傾向があります。そのため、東京都は格差の広がりを危惧し、経済的な理由で塾に通えない生徒などの学力底上げや向上を狙っています。

家庭学習時間の格差


【アンケート調査】受験シーズン到来! 頑張る子どもに成績アップのご褒美をあげる? あげない? 保護者300人に聞いてみた

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/12/191226_gakuryoku_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191226_gakuryoku_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191226_gakuryoku_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191226_gakuryoku_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191226_gakuryoku_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191226_gakuryoku_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191226_gakuryoku_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画