「空飛ぶクルマ」ブーム過熱も 見落とされがちな「発着場」問題とは

昨今注目を集める「空飛ぶクルマ」ですが、発着に使われるポートに関する議論はあまり見られません。その課題点について、ルポライターの昼間たかしさんが解説します。


進化するドローン輸送

 皆さんご存じのとおり、自動車業界はガソリンから次世代燃料へのシフトに本腰を入れています。変化はそれだけではありません。もはや

「クルマ = タイヤで地面の上を走るもの」

という常識すら消えつつあります。そう、「空飛ぶクルマ」の登場です。

 都会の次世代の輸送手段として、上空を利用するための実証実験は既に始まっています。例えば、ドローンを使った物流インフラの構築です。アメリカやスイスなどは医薬関連品の輸送手段として実用化しているなど、各国で導入は始まっています。

 日本では、長野県の伊那市がKDDI(千代田区飯田橋)と実証実験を行い、2020年から日本初のドローンによる商品配達サービス「ゆうあいマーケット」を開始しています。

 これは山あいの集落の買い物難民支援を目的としたもので、地元の伊那ケーブルテレビジョンを通じてテレビで商品を注文すると、自立飛行する配送用ドローンが最寄りの公民館まで品物を配送してくれます。そんなわけで、東京の都心でも配送用ドローンが飛ぶようになるのは遠い未来のことではないでしょう。

「空飛ぶクルマ」が肉眼で見える世界へ


【もはや空だけじゃない】水中ドローン市場、2025年に70億円規模に

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/06/210608_sora_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210608_sora_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210608_sora_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210608_sora_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画