よみがえる池袋 2014年「消滅可能性都市」の指定からどのように挽回したのか

かつて「暗い、汚い、怖い」といったイメージだった池袋が近年、大きくその様相を変化させています。その背景には2014年の「消滅可能性都市」指定からの逆襲がありました。IKIGAIプロジェクト まちづくりアドバイザーの百瀬伸夫さんが解説します。


「消滅可能性都市」脱却が始まった

 もし、あなたの住んでいるまちが将来消滅してしまうかもしれないと言われたら、あなたはどうしますか? きっと驚きと不安から、引っ越してしまいたいと考える人が多いのではないでしょうかーー。

 そのようなことが、豊島区で実際に起きてしまいました。

 豊島区は2014年、東京23区内で唯一「消滅可能性都市」に指定されてしまったのです。「消滅可能性都市」とは、2011年5月に発足した政策発信組織「日本創生会議」が打ち出した、

「少子化や人口移動などが原因で将来消滅する可能性がある自治体」

のことで、20~39歳の女性の数が2010年から2040年までに5割以下に減るなどの基準があります。

池袋駅東口の様子(画像:(C)Google)

 豊島区の中心は池袋です。池袋駅の1日あたりの乗降客数は264万人で、首都圏で一、二を争う巨大ターミナル。また東武・西武の百貨店やパルコ、ルミネ、サンシャイン60といった商業施設も多く、都内有数の繁華街となっています。それにもかかわらず、なぜ豊島区は消滅するかもしれないのでしょうか。

なぜ「消滅可能性都市」に選ばれたのか

「消滅可能性都市」に選ばれた後、豊島区は要因を分析しました。その結果、

・人の転出入が多く定住率が低い
・単身世帯の割合が高い

といったことが浮かび上がったため、すぐさま緊急対策会議を開催。翌2015年には「豊島区国際アート・カルチャー都市構想」を策定し、持続可能な都市を目指した新たな改革に取り組み始めたのです。

 魅力ある都市の実現には、「暗い、汚い、怖い」などの負のイメージを一掃し、改革の柱に四つの公園を位置づけました。

 2015年、最初に着手したのが池袋駅から徒歩5分の南池袋公園(豊島区南池袋)です。

南池袋公園の様子(画像:(C)Google)

 薄暗く雰囲気の悪かった公園が、ピクニックも楽しめる青々とした広い開放的な芝生広場として人気スポットになり、正面には豊島区庁舎が入るタワーマンションがそびえ、池袋の景観も大きく変わりました。

 久々に公園を訪れてみると、オープン時のように公園広場はベビーカーの親子連れでにぎわい、女性が暮らしやすく、定住率を上げる“まちづくり”の第1歩が着実に実っていること良くわかりました。

八つの劇場と35ブースの女性用パブリックトイレ


【画像】インスタ映え間違いなし? 池袋を走る「イケバス」の車内を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/02/200210_bukuro_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200210_bukuro_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200210_bukuro_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200210_bukuro_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200210_bukuro_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200210_bukuro_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200210_bukuro_06-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画