コミケファンはなぜ行列に耐えてまで毎年参加するのか? 12月再開を機に考える

コミックマーケット準備会が公式サイトで12月30、31日のコミケ開催を報告。それを記念して、フリーライターの猫柳蓮さんがコロナ禍を乗り越えて行われるコミケへの思いをつづります。


コロナ禍に襲われたコミケ

 2年ぶりの開催になるのでしょうか――。

 同人誌即売会・コミックマーケットを運営するコミックマーケット準備会が2021年11月12日(金)、公式サイトで「コミックマーケット99の開催について」という声明を発表。東京ビッグサイト(江東区有明)で12月30、31日の開催が可能になったとしました。

江東区有明にある東京ビッグサイト(画像:写真AC)

 毎年夏冬の2回開催され、世界中から延べ70万人以上の人たちが参加するコミックマーケット(以下、コミケ)。しかし新型コロナウイルスの影響で、2年にわたって開催が困難な状況でした。

 コロナ禍の始まった2020年は元々、コミケの困難が予想されていました。なぜなら東京ビッグサイトが夏に開催される東京五輪で使われるため、従来の開催が困難であることがわかっていたからです。

 そのようなことから、2020年はゴールデンウィークに開催することに。しかし、それもコロナ禍で幻となってしまったのです。

 もっとも苦境に立たされたのは同人誌を印刷する印刷会社でした。多くの印刷会社では東京ビッグサイトの使用が制限されて、ほかの同人誌即売会も開催されないため、業績が数割マイナスになるとされていました。

 ところがコロナ禍はその覚悟を越える事態を引き起こし、業績の悪化が年単位で続く状態になっています。

重要であるイベントの定期性


【画像】20年前の「コミケ」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/11/211112_comic_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211112_comic_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211112_comic_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211112_comic_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画