DaiGo発言を完全否定――渋沢栄一は「貧者の救済」こそ日本の発展につながると説いていた!

「ホームレスの命はどうでもいい」メンタリストのDaiGo氏の発言が世間の厳しい批判を受けています。しかし今から150年前、そのような考え方に敢然と立ち向かった民間人がいました。フリーランスライターの小川裕夫さんが解説します。


「貧困は自己責任」という意見は昔から

 メンタリストとして活動するDaiGoさんが、自身が開設するYouTubeチャンネルで「生活保護の人が生きててもボクは別に得しない」「犯罪者を殺すのと同じ」「ホームレスの命はどうでもいい」といった発言をして、批判を浴びています。

 DaiGoさんの発言は優生思想と呼ばれます。優生思想はナチス・ドイツが積極的に奨励していた危険思想です。しかしYouTubeなどで優生思想のような発言をするのはDaiGoさんが初めてではありません。内容に濃淡はありますが、これまでにも何人もの有名人が優生思想を口にし、「貧困は自己責任」という雰囲気をつくりあげてきました。

 そのたびに批判が巻き起こったわけですが、こうした貧困は自己責任という意見は今に始まったわけではありません。

 現在、NHK大河ドラマ「青天を衝け」が放送されていますが、その主人公・渋沢栄一は500社以上もの企業を興しました。そのため、世間からは資本主義の父と呼ばれています。

渋沢栄一(画像:深谷市、日本経済新聞社)

 しかし、渋沢は医療・福祉・教育といった非営利団体を600以上も設立・支援しています。そのため、近年は「日本資本主義の父」ではなく、「社会事業家」「公益の人」と呼ばれるようになっています。

 渋沢は自身の分身ともいえる国立第一銀行の頭取を1916(大正5)年に辞任。以降、経済界から一定の距離を置き、非営利事業にまい進していきます。

 渋沢は引退後に取り組む非営利事業の目標として、「経済と道徳の一致」「資本と労働の調和」「細民救恤(きゅうじゅつ)手段の統一」の三つをあげています。特に、渋沢が重視していたのは、3番目の「細民救恤手段の統一」でした。

養育院を立ち上げた渋沢


【画像】渋沢栄一が愛した「山高帽」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/210813_daigo_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210813_daigo_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210813_daigo_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210813_daigo_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210813_daigo_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画