大事なのはエコだけじゃない! 1997年登場「プリウス」が教えてくれた「かっこいいクルマ」という本質

トヨタが1997年に発表した世界初のハイブリッド車「プリウス」。その衝撃について、フリーライターの大居候さんが解説します。


ガソリン不使用のクルマが主流の時代へ

 数多くのクルマが走る大都会・東京――。そんな東京にも、間もなく変化が訪れます。なぜなら、ガソリン車廃止の動きが世界的なブームになっているからです。

 小池百合子都知事が2020年12月、ガソリン車販売を2030年までに廃止し、ハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)などに切り替える方針を明らかにしています。政府も2030年代半ばまでに、全国的にガソリン車全廃を達成したいとしています。

 全廃とはいっても禁止ではなく、補助金制度などを定めた奨励になりそうですが、

「クルマ = ガソリンで走るもの」

という常識は激変するでしょう。既に都営バスではトヨタの燃料電池バス「SORA」を導入しており、時代は確かに変わりつつあるのです。

 ガソリンを使わないクルマが主流となるのは遠い未来のことと思われていましたが、もう近いところまで来ているのです。

1995年に登場したトヨタ「プリウス」

 そんな「未来のクルマ」の始まりである、世界初のハイブリッド車・トヨタ「プリウス」が第31回東京モーターショーで、参考出品車として展示されたのは、1995(平成7)年11月でした。それに先立つ9月にはドイツのフランクフルト・モーターショーに展示されており、まさに鳴り物入りでの登場でした。

トヨタ自動車が発売した業界初の量産型ハイブリッド車「プリウス」。1997年撮影(画像:時事)

 しかし当時の報道を見ると、あくまでも試作段階であり、実用化のめどは立っていないとの評価が目立ちます。当時、既に各社はハイブリッド車と水素燃料電池を使ったクルマの開発を進めていました。

 しかし、ハイブリッド車は使用後の蓄電池の再利用技術が十分に確立しておらず、また、水素燃料電池車は技術開発が不十分で、実用化には10~20年は必要と見られており、市場投入は21世紀だと思われていたのです。

市場投入は1997年


【アンケート】オープンカーでドライブするなら、山と海どちらがいい?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/06/210602_prius_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210602_prius_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210602_prius_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210602_prius_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210602_prius_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210602_prius_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210602_prius_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画