【終戦75年】「俺が死んだら何人泣くべ」 特攻隊員が残した覚悟の遺書と、たったひと言の偽らざる気持ち

2020年の終戦記念日が近づいてきました。軍司令部の名を受け、特攻隊員として亡くなった若者は出陣の直前、どのような思いでいたのか。ノンフィクション作家の合田一道さんがひとりの男性に迫ります。


大きくなったら戦地へと信じた少年期

 東京でも猛暑日を記録する日が続いています。まさに真夏といったこの時期、終戦記念日(8月15日)が近づいてくると、あの文言がよみがえってきます。

「俺が死んだら何人泣くべ」

 若き特攻隊員、前田啓が出撃前に書き記した文言です。

「俺が死んだら何人泣くべ」という書を残した特攻隊員、前田啓(画像:合田一道)

 北海道室蘭市出身。23歳。1945(昭和20)年4月3日朝出撃、と記録されています。

 この書を鹿児島県知覧町の知覧特攻平和会館で見たのはもう30年も前ですが、いまもまぶたに焼きついて離れません。一読して分ける北海道弁。筆者(合田一道。ノンフィクション作家)も北海道生まれなだけに、この表現がズシンと胸を突くのです。

 戦争たけなわの頃、まだ小学生だった筆者は、「小国民」として国民学校(小学校のこと)に通い、軍国教育を受けていました。ですから何の疑いも抱かず、大きくなったら戦地へ行こうと、本気で考えていました。

 同級生の男子たちも皆、同じ思いで、中には「俺は陸軍大将になる」などと胸を張る子もいました。

「太平洋ノ防波堤トナリ 死ニマス」


【画像】「俺が死んだら……」本人直筆の書を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/08/200810_tokko_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200810_tokko_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200810_tokko_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200810_tokko_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200810_tokko_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200810_tokko_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200810_tokko_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200810_tokko_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200810_tokko_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画