連載開始50周年 なぜ国民的漫画「ドラえもん」は浮世絵化されたのか?

2020年10月21日

ライフ
ULM編集部

私たちに未来への夢を見せ続けてくれる、不朽の名作「ドラえもん」。そのドラえもんはなぜ、過去の名作「浮世絵」に登場したのか? そこには、過去と未来をつなごうとする熱い思いが託されていました。


国民的漫画ランキング2位

 ランキング情報サイト「gooランキング」が2019年8月に発表した、「これぞ『真の国民的漫画』と思う漫画ランキング」。

 4102人から回答を集めたランキング堂々の第1位は、1984(昭和59)年から『週刊少年ジャンプ』に連載されたご存じ「ドラゴンボール」(鳥山明)。3位は妖怪漫画の雄「ゲゲゲの鬼太郎」(水木しげる)。そして、第2位は「ドラえもん」でした。

未来のドラえもんが、なぜ浮世絵に?

 小学館の雑誌にて1970(昭和45)年1月号から連載がスタート。1979年からはテレビ朝日系でアニメ化され、今や知らない人はいない、まさに国民的キャラクターとして幅広い年代から愛され続けています。

 ドラえもんが4次元ポケットから取り出す秘密道具は、子どもだけでなく多くの大人をもとりこにし、道具の実現が科学技術の発展の目標として掲げられることも。「ドラえもん」に描かれた未来は、私たちにいつまでも見果てぬ夢を見せ続けてくれています。

 そのドラえもんが、“未来”とは真逆の「浮世絵」となって商品化されていることをご存じでしょうか?

北斎「富嶽三十六景」の世界に登場


【画像】ドラえもん浮世絵と、制作の過程を見る(8枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/10/201016_dora_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201016_dora_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201016_dora_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201016_dora_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201016_dora_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201016_dora_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201016_dora_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201016_dora_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201016_dora_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201016_dora_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201016_dora_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画