20代の「貯金意識」に男女差あり――熱心なのはどっち? なぜ貯めているの?

10~20代を対象にした消費意識や価値観に関する調査で、「お金を掛けるもの」や貯金の状況に男女差が表れました。今どきの若者は何にお金を使っているのでしょうか? TesTeeトレンド分析担当の橿村芽久未さんが独自の調査でひも解きます。


ブランド偏重から「共有」の時代へ

 東京はじめ全国の若年層を対象に調査分析を行っている「TesTeeLab」「それ、わたし調査します」(運営・テスティー、中央区日本橋兜町)のアンケート結果から、最新のトレンド動向を探る連載。今回のテーマは10代、20代を対象に行った消費意識や価値観に関する調査をもとに「ブランドに価値を感じるか」「お金をかけても良いと思うものは」など、10代20代男女価値観にフォーカスした調査の結果をご紹介します。

※ ※ ※

 1980年代、日本国内では国内アパレルメーカーによる高級ファッションブランド、いわゆる「DCブランド」が流行し、社会的ブームと言われました。舞台は原宿・渋谷・青山といった東京の流行発信地。ラフォーレ原宿や渋谷パルコは、ファッション好きの若者たちの“聖地”となりました。

現代の10~20代は何にお金を使い、何のために貯金をしているのか?(画像:写真AC)

 身に付けるものは満足感や優越感をもたらすようなハイブランドが良いとされ、ブランドステータスに重きが置かれた時代。当時は社交の場も多く、商品自体の価値以外にも「流行」という判断基準が消費行動を左右していたのです。

 一方、現代の若者はインターネット世代特有とも言える「共有」の概念が進んでいます。これはオンライン上の情報共有にとどまらず、今ではシェアハウスやシェアリングサイクルなど、シェアリングエコノミーの概念はオフラインにも浸透しつつあります。

 世の中がいいと言っているものや価値を疑って、それに振り回されないような「エコ」の感覚が強く、ブランドものや高級車など、ひと昔前に「いい」とされていたステータスには興味を示さず、自分が強く興味を持つものに消費行動を触発される合理性が見られます。

 多くの情報があふれている中では「流行」にのっとりモノを「所有」するよりも、「自己」を確立して体験を「共有」することが近年のキーワードになっているのです。

「自分に合うもの」求める若者


【グラフ】10~20代、男女別の「貯金している」割合

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/05/210529_values_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210529_values_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210529_values_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210529_values_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210529_values_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210529_values_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画