鬼滅「遊郭編」放送で吉原は観光地になるか? 伝説の昭和「花魁ショー」を手掛かりに考える

『遊郭編』2021年放送も決定し、再び話題となっている『鬼滅の刃』。その舞台である吉原遊郭の歴史について、ルポライターの昼間たかしさんが解説します。


女性から近年注目される吉原遊郭

『鬼滅の刃』が再び話題です。

 先日、劇場版『無限列車編』が9月に地上波で初放送されることが発表され、続いて『遊郭編』の2021年放送も決定。第1弾となる予告編が公開されています。

テレビアニメ化が決定した『鬼滅の刃』遊郭編(画像:アニプレックス)

 筆者(昼間たかし、ルポライター)は『遊郭編』を機に、舞台となる吉原遊郭のあった場所が観光地としてクローズアップされるのではと予想しています。

 現存する建物も少なくなり、過去の記憶が消え去ろうとしている吉原遊郭。しかし近年、とりわけ女性から熱い注目を浴びています。

再評価のきっかけはひとつの出版社

 遊郭の再評価において欠かせない存在が、遊郭の書籍を専門とする出版社「カストリ出版」で、同社は遊郭関連の貴重な資料の発掘・復刻を行っています。

 最初に復刻された『全国女性街ガイド』は、1950年代の全国の赤線(売春を目的とする特殊飲食店街)の様子を収めた1級資料です。国会図書館に蔵書がなく、原本は山梨県立図書館(山梨県甲府市)に1冊、東京大学農学生命科学図書館(文京区弥生)にコピーが1冊しかないという超希少本でした。

 同社は2016年からは吉原にカストリ書房(台東区千束4)を開店。吉原を街歩きする際には外せないスポットとなっています。

カストリ出版が復刻した『全国女性街ガイド』(画像:カストリ出版)

 吉原の街の区割りは遊郭のあった江戸時代のままであり、見返り柳などわずかに痕跡も残っていますが、観光コースや街歩きのスポットとしてはあまり取り上げられてきませんでした。

 吉原という地名は1966(昭和41)年の住居表示で消滅。それでも吉原という名称が残ったのは、赤線の廃止後に性風俗店が立ち並んだためです。現在でもかいわいに150軒あまりが集まっています。そんなこともあり、吉原という名称を口に出すことは少々はばかれる雰囲気でした。

はとばす開催の「夜のお江戸ツアー」


【画像】吉原にある遊郭専門の書店「カストリ書房」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/07/210716_kimetsu_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210716_kimetsu_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210716_kimetsu_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210716_kimetsu_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210716_kimetsu_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210716_kimetsu_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210716_kimetsu_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210716_kimetsu_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画