テレ東Pも「奇跡」と自賛 月曜夜10時ドラマ『共演NG』がヒット間違いなしの手堅い証拠

10月26日スタートの秋の新ドラマ『共演NG』。担当プロデューサー自ら「奇跡」と称賛する豪華な顔ぶれで話題の作品はヒットするのでしょうか。社会学者で著述家の太田省一さんが解説します。


「テレ東」らしい仕掛けが満載

「テレビ東京に『奇跡』が起こりました」

 これは、テレビ東京(港区六本木)で月曜夜10時台に放送される秋の新ドラマ『共演NG』のプロデューサーの弁です。主演は中井貴一と鈴木京香、企画・原作が秋元康、そして脚本・監督が大根仁(おおね ひとし)。なるほどテレ東らしからぬ豪華な顔ぶれと言っても過言ではありません。

月曜ドラマ「共演NG」のメインビジュアル(画像:「共演NG」製作委員会、プレミアム・プラットフォーム・ジャパン)

 しかしよく見ると、実はこのドラマにはテレ東らしい一癖も二癖もある仕掛けが施されています。

 まず「共演NG」というテーマ自体が、テレ東らしいニッチ狙いと言えます。物語は、中井貴一と鈴木京香が演じる長年共演NGだった元恋人の俳優同士が同じドラマにキャスティングされたところから始まります。

「あのひととこのひとは共演NGだ」というゴシップニュースは時々目にしますが、真相が私たち視聴者に知らされることはありません。そんな“業界のタブー”をドラマの企画として実現してしまうところが、いかにもテレ東といったところです。

 しかもそれを絵空事とばかり思わせない仕掛けにも怠りありません。

 もちろんドラマ自体はフィクションですが、物語の舞台になるテレビ局は「日本一小さなキー局」であるテレビ東洋、略して「テレ東」。

 どう考えても「これ、テレビ東京のことでしょ?」となります。そんな虚実入り交じったギリギリのところを突いてくるところの大胆さも、またテレ東らしさが発揮されています。

 そのあたりには、『孤独のグルメ』や『勇者ヨシヒコシリーズ』などチャレンジングな作品が多いテレ東の深夜ドラマのテイストも感じられます。特に今回スタッフに秋元康と大根仁の名があることは、その印象をいっそう深くさせます。

『モテキ』を手掛けた大根仁のセンス


【過去3年間分】覚えてる? テレ東「月曜夜10時放送」のドラマを振り返る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/10/201024_kyoen_05-150x126.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201024_kyoen_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201024_kyoen_07-150x101.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201024_kyoen_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201024_kyoen_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201024_kyoen_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201024_kyoen_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画