東京の子どもは「小4の壁」より「低学年の壁」! 中学受験がもたらすハード過ぎる現実とは

小学生の子どもを持つ保護者なら誰でも知っている「小4の壁」。今回は東京にフォーカスし、エデュケーショナルライターの日野京子さんがその困難を解説します。


「小4の壁」は学力の分岐点

 小学生の子どもを持つ保護者が一度は耳にしたことのあるフレーズ、それが「小4の壁」です。「小4の壁」とは

「10歳(小4)くらいの時期に児童の学習が急に進みにくくなる現象のこと。学習内容が抽象的になり思考力が必要とされる時期であることや、自他の違いを意識し始める不安定な時期であることなどが原因とされているが、明確な根拠はない」(知恵蔵mini、朝日新聞出版)

を意味します。このほかにも「10歳の壁」「9歳の壁」はたまた「小3の壁」言葉もあります。それだけ子どもの成長にとってこの年齢は大きな節目になっているのです。

小学生のイメージ(画像:写真AC)

 子どもから大人への変容期にあたり、親や友人との関係性が少しずつ変化。心の変化もあり、身近な人との衝突やトラブルも発生しやすい時期で、ざっくり言えば「大人の階段をひとつ上る」年頃です。

 学力の差が出始めることから、教育産業は「小4の壁」で生じるデメリットを強調する傾向があります。また、保護者側も小4が最初の大きな分岐点と認識しており、教育に関心の高い家庭では学習習慣の定着を目指し、通信教材や幼児から通えられる学習系の習い事をし、「小4の壁」を越えようとします。

 しかし、首都圏のように中学受験熱が高い地域では、必ずしも「小4の壁」が学力の分岐点と言い切れません。

中学受験と「小4の壁」の微妙な関係


【アンケート】夏休み中、子どもの勉強に必要な「保護者のサポート」とは?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/07/210710_wall_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210710_wall_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210710_wall_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210710_wall_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210710_wall_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210710_wall_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210710_wall_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画