雑木林だらけだった東京「国立」が都内有数の文教地区になるまで

多摩地域中部に位置する国立市。その名前が定着するまでには長い時間がかかりました。フリーライターの小西マリアさんが歴史からひも解きます。


合成地名の代表格・国立市

 東京都の多摩地域中部に位置する国立市は、「合成地名」の代表格といえる地名です。合成地名とはふたつ以上の地名から、文字の一部を取ってつくった新地名のこと。日本では合併などのときによく生まれます。

東京都国立市(画像:(C)Google)

 東京都では国立市のほか、大森区と蒲田区が合併してできた大田区、昭和町と拝島村が合併してできた昭島市などがあります。

 しかし国立市だけは例外です。国立市は東西にある国分寺と立川からそれぞれ一文字ずつを取って生まれた地名なのです。

もともとは谷保村

 そんな国立市が国立町として町制を施行したのは、1951(昭和26)年のことです。国立駅自体は1926年に開業していたにもかかわらず、自治体が後からできたわけです。駅の名前が広く知られ、その後、自治体の名称になったという、極めて珍しい事例です。

 現在の国立市はもともと谷保村と呼ばれる地域で、国立駅周辺は武蔵野の雑木林が生い茂る「ヤマ」と呼ばれる地域でした。そんな武蔵野が発展するきっかけは、西武グループの源流企業として知られる箱根土地による開発と分譲によるものでした。

 この計画の始まりは、東京商科大学(現・一橋大)の初代学長・佐野善作と箱根土地を率いた堤康次郎によるものでした。

1919(大正8)年に発行された千代田区一ツ橋周辺の地図。「高等商業校」の記載がある。翌1920年に大学昇格、東京商科大学となる(画像:国土地理院、時系列地形図閲覧ソフト「今昔マップ3」〔(C)谷 謙二〕)

 もともと東京商科大学は現在の千代田区一ツ橋にありました。現在、如水会館(千代田区一ツ橋)があるのが旧校地の一部です。校舎は1923(大正12)年の関東大震災で大きな被害を受け、授業を行うことが立ちゆかなくなります。

 ひとまずは幡ヶ谷の東京高等学校校舎などを間借りして授業を再開した後に、1924年に石神井にあった運動場用の土地を利用して、新築の校舎を建てて移転(練馬区の石神井稲荷にはその記念碑があります)。ただ、この校舎はあくまで仮校舎でした。

堤康次郎が進めた学園都市計画


【古地図】明治初期の国立市

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/05/210527_kuni_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210527_kuni_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210527_kuni_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210527_kuni_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210527_kuni_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210527_kuni_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210527_kuni_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210527_kuni_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210527_kuni_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210527_kuni_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画