なぜ? じつは練馬区「どたばたラブコメ」の聖地 らんま・のだめ・うる星 いくつ知ってる?

ジャパンアニメーション発祥の地として知られる練馬区。じつは、この街を舞台にした「どたばたラブコメ」作品も数多く誕生しています。いったいなぜ? 有名作とともに理由を考えます。


日本アニメ発祥の地・練馬

 練馬区は、日本で初めて作られた劇場用のカラー長編アニメ『白蛇伝』(1958年、東映動画)や、30分連続テレビアニメ『鉄腕アトム』(1963年、虫プロダクション)が製作された、ジャパンアニメーション発祥の地。

『らんま1/2』2(画像:高橋留美子、小学館)

 同区サイトによれば区内には約100社のアニメ制作会社が所在し、そのDNAは現在にも脈々と受け継がれています。

 さらに、アニメ関連の事業者が集結した一般社団法人の「練馬アニメーション」が設立されています。

 アニメ産業の振興やアニメの力を活用した、アニメ教室や区民イベントを開催。同区やアニメ業界を盛り上げていくことを目的として活動しています。

ぜひ訪れたい区内スポット

 ジャパンアニメーション発祥の地という練馬の歴史を体感できるスポットといえば、なんと言っても西武池袋線の大泉学園駅の北口にある「大泉アニメゲート」。

『鉄腕アトム』のアトム、『銀河鉄道999』のメーテル、『あしたのジョー』の矢吹丈、『うる星やつら』のラムといった、名だたる作品キャラたちのブロンズ像が設置されています。

 ほかにも「ねりまアニメ年表」や「グラフィックウォール」があり、アニメの聖地・練馬をしっかりと体感することができます。

練馬が舞台、名だたる作品群


【画像】練馬区が舞台の作品(5枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/12/211225_nerima_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211225_nerima_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211225_nerima_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211225_nerima_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211225_nerima_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211225_nerima_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211225_nerima_02-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画