広島原爆投下76年――爆心地から680km離れた東京に「被爆アオギリ二世」が植えられるまで

8月6日は「広島原爆の日」。戦争の惨禍や平和の意味についてあらためて思いを致す日です。そのきっかけのひとつとなるのが、東京など各地に植えられている「被爆アオギリ二世」の木。その歴史をチアライターの成田愛恵さんが辿ります。


76年後の8月6日を迎えて

 2021年8月。原子爆弾投下から76年が経過します。

 76年前、広島と長崎に投下された原爆で被爆し、被爆者健康手帳を持つ人の平均年齢は83歳を超えており(2021年3月末時点)、被爆や戦争体験の継承が課題となっています。

東京・国立市で育つ「被爆アオギリ二世」(2021年8月5日、ULM編集部撮影)

 開会中の東京オリンピックでは、「広島原爆の日」に合わせて選手や大会関係者に黙とうを呼び掛ける要請が地元から寄せられました。報道によると、2021年8月8日(日)の同閉会式で「広島の人たちへの思いも共有する」プログラムが予定されているといいます。

 次世代への記憶継承のため体験者の講話をはじめさまざまな取り組みが続けられてきましたが、被爆による被害を伝えるのは人だけではありません。

 被爆を語り継ぐもののひとつに、広島・長崎で生き延びた「被爆樹木」があります。この被爆樹木の子孫が東京でも育っているのはご存じでしょうか。今回は東京にもある「被爆アオギリ二世」についてお伝えします。

原爆の被害を伝える被爆樹木


【画像ギャラリー】東京で育つ「被爆アオギリ二世」(3枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/210805_hiroshima_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210805_hiroshima_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210805_hiroshima_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210805_hiroshima_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210805_hiroshima_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210805_hiroshima_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210805_hiroshima_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210805_hiroshima_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画