知っておくと便利! 女性のピンチや悩みをレスキューしてくれる東京メトロの駅チカ

東京で働き、暮らし、遊ぶ女性たちをサポートする、東京メトロ駅チカのおすすめを担当者に聞きました。


いざというとき、頼れるお店はどこ?

 携帯の充電が切れそう。雨が降ってきたけど傘がない。お腹が痛い。ストッキングが伝線してしまった……。

携帯の充電が切れそうなとき、頼れるお店は? 写真はイメージ(画像:写真AC)



 時を選ばずに訪れる、行く手を阻むピンチの数々。さらには、日に日に溜まりゆく疲労。でも忙しくても、おしゃれはちゃんとしたい。

 そんな悩める私たちを救ってくれるお店、改札のすぐそばにないでしょうか。東京メトロの「駅チカ」(駅構内の商業施設)である「Echika(エチカ)」「Echika fit(エチカフィット)」などを運営する、株式会社メトロプロパティーズ(台東区東上野)に聞きました。

 聞いたのは以下の7つ。

・電源のある場所
・傘が買える場所
・マッサージ店
・パーティー用のヘアメイクができる場所
・マツモトキヨシがある駅
・コスメが買える場所
・ストッキングが買える場所

 なお「駅チカ」施設は必ずしも改札内にあるとは限りません。そのため、お店を紹介する際には、そのお店が改札の外にあるのか、中にあるのかも併せてお伝えします。

電源も席数も多くてゆったり。Echika fit永田町のフードコート

 携帯の充電が危ないときや、出先でPCを開きたいとき、あると嬉しいのがカフェなどに設置された電源。「特にどこがおすすめでしょうか?」と聞いたところ、Echika fit永田町(改札内)のフードコートがまず挙がりました。

Echika fit永田町のフードコートの様子。なおwi-fiは飛んでいないとのこと(画像:メトロプロパティーズ)

 席数160席。カウンター席などにコンセントが設置されており、席数電源数ともに充実しているといいます。

 周囲には、和定食がそろう「和 いち膳」、洋食「グリル 鉄板ラッシュ!」、そばや天丼が食べられる「こく旨肉そば 日の陣」、コーヒーやハイボールをそろえる「Cafe & Bar T-Crossing」などが並んでおり、ここで一杯飲んで帰るOLさんの姿もあるのだとか。

 そのほか、

・Echika fit上野の「サンマルクカフェ」(改札内)
・Echika表参道のフードコート(改札外)
・Echika池袋の「Patio de METRO(パティオ ドゥ メトロ)」(改札外)

 などにも電源の設置があります。さらに、東京メトロ駅構内にある「スターバックス」3店舗(飯田橋は改札内、明治神宮前と中野坂上は改札外)にも、電源が設置されているそうです。

実は、雨の日にはあらゆる場所で傘を販売している

 突然の雨。だけど傘がない。困った経験がある人も多いのではないでしょうか。実はEchikaやEchika fit内のファッションなどを扱うお店には、「雨が降ったときには傘を置くように」というお達しが出ているのだとか。

 お手軽なビニール傘を買うのも良いですが、もしお気に入りの布傘が見つかった場合、これを機会に購入するのもアリかもしれません。

「卑弥呼」Echika池袋店の外観(画像:メトロプロパティーズ)

 そのほか、雨に特化したお店としてEchika池袋の「卑弥呼」があるとのこと。シューズブランド「卑弥呼」新業態となるレインファッションのトータルコーディネートがそろうお店です。傘のほか、雨の日でも履けるパンプスやスニーカー、ショートブーツ、レインコートなどもラインナップされています。

今すぐ癒されたい! そんなときに「抑圧解放ドライヘッドスパ」

 疲労困憊……。パリパリになったからだをほぐしてもらいたいとき、ふらっと立ち寄れる場所にあると嬉しいマッサージ店。メトロの駅構内では、Echika池袋に「てもみん」、Echika表参道に「Re.Ra.Ku」、王子と溜池山王に「ラフィネ」(いずれも改札外)があります。

 さらにEchika池袋には「ルアンルアン Health & Beauty MALL」(改札外)も。なかでも頭の筋膜をほぐす「抑圧解放ドライヘッドスパ」(15分1800円、60分6900円)がおすすめメニューといいます。

「ルアンルアン Health & Beauty MALL」Echika池袋店(画像:メトロプロパティーズ)



 抑圧解放……! あくせく働く東京人がついときめいてしまうパワーワードでは。同コースは、慢性的な脳疲労や、スマホによる目の疲れ、頭痛、倦怠感から解放していくものだといいます。特に、日ごろ頭を働かせ過ぎている方などにおすすめとのこと。

 そのほかにも、足裏リフレクソロジー(40分4900円から)や、ボディケア(1か所集中コース1500円から)などのコースがラインナップされています。さらに、歯のセルフホワイトニング専門店「SiroQ」と提携しているため、セルフホワイトニングのコース(20分2980円)もあるとのこと。

 ちなみに同店、空席がある場合には店先に「空室あり」と表示が出ます。外からでも空室の有無がわかるのはありがたいところ。

ウエディングパーティーも安心! 駅チカでヘアメイク

 披露宴や二次会の席など、プロにヘアメイクをお願いしたい機会に便利なのが「アトリエはるか」。土日祝日は朝8:00から予約を受付しているため、午前中にお式があっても安心です。

「アトリエはるか」Echika表参道店の外観(画像:メトロプロパティーズ)

 巻き髪、ブローでニュアンスを出すなどのヘアアレンジは10分1900円。ヘアピンなどを使ったヘアセットは20分2900円。希望のスタイルによっては別途チャージ料金(1000円)がかかるとのこと(詳細は店舗にお問い合わせ下さい)。

 そのほか、メイクや眉カットなども。メイクは10分1900円のポイントメイクと、20分2900円のフルメイクがあります。眉カットは10分1500円。

 結婚式場やパーティー会場が近隣に多いEchika表参道のほか、Echika池袋にお店があります(いずれも改札外)。

いざというときのために覚えておきたい「マツモトキヨシ」のある駅

 突然の腹痛。二日酔いや風邪などの体調不良。そんなとき、そばにあるとありがたいのがドラッグストア。急きょサニタリーグッズなどが必要なときにも重宝します。

 東京メトロの下記の駅には「マツモトキヨシ」があります。

「マツモトキヨシ」Echika fit上野店の外観(画像:メトロプロパティーズ)



・西新宿(改札内)
・Echika池袋(改札外)
・Echika fit上野(改札外)
・中野坂上(改札外)
・溜池山王(改札外)※2019年1月現在は改装中のため利用不可。

メイクグッズが充実しているのは?

 近くにあると何かと便利なコスメショップ。Echika表参道の「MS・Style(エムエススタイル)」(改札内)の品揃えが充実しています。メイク用品から化粧品、パック、ハンドクリームやヘアケア用品など、なんと約5000種類以上とのこと。テスターもあるのが嬉しいところです。

 Echika池袋の「Rainbow SPECTRUM(レインボースペクトラム)」も話題のプチプラコスメが置かれているほか、300円からアクセサリーが置かれているなど、お金をかけずに楽しめる要素が充実しています。

Echika池袋の「Rainbow SPECTRUM(レインボースペクトラム)」(画像:メトロプロパティーズ)

寒いときや伝線したとき、おすすめは「frivole」「CocoPress」

 いつの間にかストッキングが伝線。応急処置できればまだ良いのですが、目立つ場所に致命傷を受けるなどしてしまうと、頭を抱えてしまいます。やむなく新しいストッキング探しに繰り出すミッションがタスクに追加され、あたふたしてしまうケースもあるのでは。

 そんなとき、まずは東京メトロの駅構内にある売店やコンビニへ行くのがおすすめ……というのはおおよそ予想がつく展開かもしれませんが、もうひとつおすすめなのが「frivole(フリヴォル)」「CocoPress(ココプレス)」とのこと。

「frivole(フリヴォル)」池袋店の外観(画像:メトロプロパティーズ)

「frivole」「CocoPress」は洋服、アクセサリー、バッグなどがそろうセレクトショップ。トレンドを程よく取り入れながら、「今すぐ欲しい」のニーズに対応した商品を取りそろえています。

 ストッキングやタイツのほか、ストール、カーディガンなどの羽織ものもあるため、たとえば「薄着で来てしまったけど、思いのほか肌寒い」というときなどにも役立ちます。

「CocoPress(ココプレス)」王子メトロピア店の外観(画像:メトロプロパティーズ)

「frivole」はEchika表参道とEchika池袋に、「CocoPress」は高田馬場、王子、飯田橋のいずれも改札外にあります。

「Echika」「Echika fit」の位置付けとは

 ところでそもそも、「Echika」「Echika fit」とは、どのような位置付けなのでしょうか。両方とも東京メトロの駅チカ商業施設ですが、細かくみていくと異なる部分があります。

 より空間全体をつくりこみ、非日常的な世界観を打ち出しているのがEchika。店舗数も多く、そのなかで飲食したり買い物したりと巡回しながら、ゆったりと過ごせます。

 一方Echika fitは、Echikaに比べると日常に近い雰囲気で、「駅ならではの便利な複合ショップ」として展開しているとのこと。

 Echikaは表参道と池袋、Echika fitは東京、永田町、上野にあります。

 毎日何かと触れ合う機会の多い駅チカ。なるべく賢く便利に使うことで、少しでもピンチや悩みが縮小しますように。


この記事の画像をまとめて見る(9枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/01/190121_echika_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/01/190121_echika_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/01/190121_echika_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/01/190121_echika_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/01/190121_echika_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/01/190121_echika_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/01/190121_echika_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/01/190121_echika_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/01/190121_echika_09-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画