岡本太郎の傑作『明日の神話』は、なぜ東京の「渋谷駅」に展示されているのか?

東京の巨大ターミナル・渋谷駅へ行くと必ず目に飛び込んでくるのが、芸術家・岡本太郎の壁画<明日の神話>です。この作品が渋谷駅にある意味について、チアライターの成田愛恵さんがあらためて問い直します。


巨大ターミナル渋谷にある意味について

 東京のターミナル・渋谷駅(渋谷区道玄坂)には巨大な壁画があります。芸術家・岡本太郎(1911~1996年)の<明日の神話>(1968~1969年)です。

 その大きさに圧倒されるのはもちろんのこと、中央に描かれた骸骨(がいこつ)のような人やメラメラ燃える炎など、抽象的なモチーフから強い力を感じる作品です。

 毎日この壁画の前を通り仕事やショッピングに行くという人もいるでしょう。この作品は何を描き、なぜ渋谷に設置されているのでしょうか。その意味をあらためて問い直してみたいと思います。

<明日の神話>に描かれているものは?

 まず目に飛び込んでくるのは絵の中央に立つ骸骨のような人間です。炎に包まれた人は両腕を広げ天を仰いでいます。その目は真っ赤です。周りには炎に焼かれている小さな人影が多数描かれています。

渋谷駅にある岡本太郎作<明日の神話>(画像:読者提供)

 次に印象的なのは画面下から広がる赤い炎です。左から右へ勢いを増して燃え盛り、右に向かって大きく手のひらを広げ、不気味な笑みを浮かべ何かを捕まえようとしているようです。

 炎の行く手には、生き物たちがいます。生き物たちは炎から逃げるように画面の外へと向かっています。

 画面全体には青黒い色が広がっています。空が雲や煙に覆われて鮮やかな色を失っているようです。画面左上からは白色と黒色が稲妻のように伸び、空を切り裂いています。

 その稲妻の奥からは不気味な灰色の塊が連なっています。仮面のようなその塊は赤い舌をちらつかせ、ギョロリとした瞳で見下ろしています。中央の人を境に煙とも雲とも思える渦巻に形を変えながら画面右へと続いています。

 画面の細部を見てみると、大きく手を広げた炎の下には海が描かれています。蒸気のような黒い気体を出しながら、海に浮かぶ白い船が一隻。さらに右には擬人化された船がいて、クジラのような生き物を釣り上げようとしています。

描かれたのは第五福竜丸の被ばく


【画像】渋谷駅にある超巨大壁画<明日の神話>

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/210824_okamoto_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210824_okamoto_05-150x150.jpeg
/wp-content/uploads/2021/08/210824_okamoto_06-150x150.jpeg
/wp-content/uploads/2021/08/210824_okamoto_07-150x150.jpeg
/wp-content/uploads/2021/08/210824_okamoto_01-150x150.jpeg
/wp-content/uploads/2021/08/210824_okamoto_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210824_okamoto_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画