全校児童10人未満……群馬の田舎で育った25歳女性が「東京も地元も変わらない」と悟った理由【連載】上京女子物語(1)

東京で暮らす人の、約半数は地方の出身。皆、どのような夢を描いて上京し、どんな毎日を過ごしているのでしょうか。あなたの隣にいるかもしれない「上京女子」たちの物語をたどります。


東京都民の約半数は地方出身者

 在住する人のうち約半数が地方の出身者だという街、東京。住み慣れた土地を離れて東京へ。そのとき、どんな想いが胸に去来し、そして東京にどのようにして居場所を作っていくのでしょうか。

 上京してきた独身の女性に東京での物語についてお聞きします。

子どもの頃、東京は「夢の都」だった

 今回、お話を聞いたのは板橋区に暮らすミホさん(仮名)25歳。渋谷にある大学への進学を機に群馬県から上京してきました。

地方から上京し、東京で暮らす女性は、どんなことを感じながら日々を過ごしているのか(画像:写真AC)

 最初に暮らした街は東京ではなく、横浜市。ひとりっ子で両親ととても仲が良かったこともあり、最初はホームシックになっていたのだそう。

「帰りたい、帰りたいばかり言っていましたね」とほほ笑みます。

 それでも、大学での授業はもちろんのこと、バイトもふたつ掛け持ちして日々奮闘していました。

「出版社でバイトしていて、あとはディズニー(リゾートの)キャストとして4年間働いていました。実は両親がふたりとも元キャスト。ディズニーは小さい頃から通う、身近な場所だったんです。群馬住まいなのに年間パスポートを持っていました」

思っていたより人々は優しかった


【画像】「群馬と変わらない」女性が暮らす板橋区

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/04/210411_jokyojoshi_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210411_jokyojoshi_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210411_jokyojoshi_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210411_jokyojoshi_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210411_jokyojoshi_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210411_jokyojoshi_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画