東京「港区」なのに「港」っぽいイメージが全くしない理由

高所得者が多く住む東京港区。そんな港区は「港」の名前が付くものの、いまいち港のイメージ画ありません。いったいなぜでしょうか。住宅評論家の櫻井幸雄さんが解説します。


港とは縁遠い「港」区

 東京都港区は純粋な都心部の一画です。純粋な都心部、つまり純都心部は千代田、中央、港の3区をさす場合がありますし、新宿、渋谷を加えた5区とする場合も。いずれの場合も、港区は純都心として認識されています。

 そんな港区には表参道や赤坂、六本木といった、華やかで流行の発信地と目される場所が多く存在します。一方、住宅を買うにしろ、借りるにしろ、高額物件ばかりで手が届かない……でも憧れる場所です。

港区は区の名前に「港」が付きますが、「港」や「海」とは縁遠い印象があります。表参道、赤坂、六本木、麻布、白金……いずれもセレブな香りこそすれ、潮の香りとは縁遠いイメージの場所です。

 しかし港区には東京湾に面した場所があります。それはおおまかに言えば、JR山手線の品川駅から浜松町駅までの間で、山手線の東側エリア、加えて、埋め立て地のなかの台場エリアが港区で東京湾に面した場所となります。一般的に「湾岸」と呼ばれる地域の一部は、実は港区だったのです。

東京湾に面している区は6区

 東京23区内で東京湾に面した場所があるのは、

・港区
・大田区
・品川区
・中央区
・江東区
・江戸川区

の合計6区です。

港区(画像:(C)Google)

 その6区のなかで、港区は江東区と同様に東京湾に面した場所が多く、港と縁が深い場所であることがわかります。

 港の印象が薄い……と思われがちな港区ですが、本当は東京湾と縁が深い場所。では、なぜ、港区に「港」の印象が薄いのでしょうか。

 その理由はふたつあります。

「港」の印象が薄い理由


【港区は何位?】年収1000万円超えプレーヤーが選んだ「住みたい街ランキング2021」】

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/05/210518_minato_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210518_minato_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210518_minato_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210518_minato_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210518_minato_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210518_minato_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210518_minato_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画