糖質制限ダイエットのひずみ? 「1日に1回もご飯を食べない」女性が1割という衝撃

2019年1月15日

ライフ
ULM編集部

東京に住む女性の約1割が「3食ともご飯食でない」と回答していることが分かりました。要因は、食生活の欧米化や人口減などではないようです。


「ご飯主体の日本型食生活が有効」

 心身の疲労に関する調査研究を行うストレスオフ・アライアンス(渋谷区恵比寿)がこのたび発表した「ストレスオフ白書2018-2019 VOL.4」によると、東京に住む女性の約1割が「1日3食ともご飯食でない」と回答していることが分かりました。

ご飯食からパン食に変化した日本の食卓(画像:写真AC)

 同白書の元となったのは、全国の男女14万人を対象に行われたインターネット調査「ココロの体力測定2018」です。

「3食ともご飯食でない」と答えた都道府県別ランキング(画像:ストレスオフ・アライアンス)

 ストレスオフ・アライアンスのアドバイザーで、著書に『疲れない体をつくる疲れない食事』(PHP研究所)がある柏原ゆきよさんはその理由について、「近年、炭水化物(糖質)に対するネガティブなイメージの浸透で、ご飯を食べない習慣の方が増えており、今回の調査でもその傾向は顕著」と指摘します。

 ご飯の代わりになっているのは、パンやサラダ。同白書では、3食ともご飯食の人とそうでない人の体の症状についてもデータで示しており、その違いも明らかになっています。

「『3食ご飯食』の人はストレス性疲労(心身の疲労)が少なく、活動的で体調が安定していることが分かります。一般のイメージとは逆に、ご飯にはエネルギー代謝を改善し、臓器や脳の機能を向上させるなど、多岐にわたる機能性があります。

 自律神経に影響し脳機能を高めることや、睡眠の質を向上させることなど、今回の調査を裏付ける研究も多く発表されています。現代人が抱える健康問題を改善するために、ご飯主体の日本型食生活が有効であることは、注目すべき点だと思います」(柏原さん)

3食ともご飯食の人とそうでない人の体の症状に関するデータ(画像:ストレスオフ・アライアンス)

 今回の調査では3食ともご飯食でない女性の約半数が、夕食に主食をまったく摂取していない(おかずのみ)ことも明らかになっているほか、睡眠時間との相関性も。3食ともご飯食の女性は、理想的とされる「6~7時間」睡眠が多く、平日より休日の睡眠時間がやや長い傾向にあるとのこと。その一方、3食ともご飯食でない女性は、平日・休日ともに「5時間未満」の睡眠が目立つといいます。

「3食ともご飯食でない」を回避する3つのポイント


この記事の画像をまとめて見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/01/190108_stress_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/01/190108_stress_02-150x150.png
/wp-content/uploads/2019/01/190108_stress_03-150x150.png
/wp-content/uploads/2019/01/190108_stress_04-150x150.jpg

New Article

新着記事