「もてる」は遊郭で生まれた言葉だった! 『鬼滅』ブームのいま振り返る

テレビアニメ『鬼滅の刃 遊郭編』で注目の集まる台東区の吉原エリア。そんな同エリアで使われていた言葉のなかには、今でもメジャーなものがあるのです。


アニメで注目を集める吉原遊郭

 テレビアニメ『鬼滅の刃 遊郭編』が2021年12月5日(日)から放送され、話題を呼んでいます。今回、放送前から注目されていたのが舞台の吉原遊郭です。

 吉原遊郭は江戸時代で唯一、幕府に公認された遊里でした。その始まりは1617(元和3)年、日本橋の葺屋町(ふきやちょう)に遊女屋を集めたこととされています。

 そこから約40年後。1657(明暦3)年に発生した明暦の大火によって、現在の台東区日本堤へ移転。その後、一大社交場として大いににぎわい、文化や情報の発信地となりました。

『江戸時代のすべてがわかる本』(ナツメ社)によると、吉原のような遊里では、独特な言葉が使われていたといいます。そのなかには、なんと現代で使われているものもあるのです。

 ということで、今回は私たちにとって身近な遊里の言葉を五つご紹介します。

1.もてる

 最初に紹介するのは「もてる」という言葉。皆さんも

「女性(男性)にもてたいなぁ」
「もてる人はいいなぁ」

など何気なく使っていると思いますが、実は遊里から生まれたといわれています。

「もてる」の文字(画像:ULM編集部)




 言語史研究者の杉本つとむさんの『語源海』によると、

「真意は、〈持てはやされる〉こと。遊女が客に好意を持ツ。客は遊女に好意をもって持テハヤサレル、すなわち、遊女に持テルコトが原義」

と解説されています。

 もてるは、遊女から持てはやされることから来ていたわけです。当時のもてる男性の基準はいろいろあったと思いますが、そのひとつは職業でしょう。

 江戸時代のもてる男の職業といえば、

・与力
・火消し
・力士

でした。

 与力は町人を支配する町奉行の下で、行政・司法の仕事に従事。火消しは「火事とけんかは江戸の華」といわれる江戸で、人の目にとまることが多かったのでしょう。そして力士は、「一年を 二十日で暮らす よい男」と川柳によまれるほどでした。

2.遣(や)り手


【画像】明治初期の吉原遊郭

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2022/01/220115_kimetsu_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220115_kimetsu_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220115_kimetsu_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220115_kimetsu_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220115_kimetsu_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220115_kimetsu_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220115_kimetsu_05-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画