本日公開『竜とそばかすの姫』の仮想世界はすでに現実? 大臣がアバターになっちゃった例も

2021年7月16日(金)に劇場公開された細田守監督の最新作『竜とそばかすの姫』。主人公の女子高生が仮想世界の中で歌姫として活躍するストーリーですが、そんな仮想空間の活用は、すでに現実世界の東京でも着々と現実のものとなっています。具体例を紹介します。


仮想空間で活躍する女子高生の物語

 夏休みシーズンは、毎年アニメ映画が盛り上がりを見せます。2021年夏の注目作品といえば、7月16日(金)に公開されたばかりの『竜とそばかすの姫』でしょう。

『時をかける少女』『サマーウォーズ』などで知られる細田守監督の最新作ということで、公開前から話題を呼んでいました。

細田守監督最新作『竜とそばかすの姫』。ダイハツ工業の自動車「ムーブ」など、さまざまな企業とのコラボレーションも展開している(画像:(C)2021 スタジオ地図、ダイハツ工業)

 物語の主人公は、自然豊かな高知県の田舎に住む17歳の女子高校生すず。幼い頃に母を事故で亡くし、父とふたり暮らしをしています。母と一緒に歌うことが大好きだったすずは、母の死をきっかけに歌うことができなくなっていました。

 そんなすずはある日、全世界で50億人以上が集うインターネット上の仮想世界「U(ユー)」の存在を知ります。「U」では自分自身の分身「As(アズ)」を作り、全く別の人生を生きることができるのです。

 すずは「ベル」と名付けたAsとして歌うことができるようになり、瞬く間に歌姫として世界中の人気者になっていきます。

 しかし彼女の前突然、「竜」とよばれる謎の存在が現れ……というストーリーです。

 本作の重要なポイントとなるのは、やはりネット上の仮想世界「U」。

 細田監督が2009(平成21)年に制作した映画『サマーウォーズ』でも、「OZ」という仮想世界が登場しましたが、本作の「U」が作中でどのように機能するのか楽しみです。

身近に進むバーチャルの世界


【画像ギャラリー】アバターになってしまった大臣、いったい誰?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/07/210716_sobakasu_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210716_sobakasu_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210716_sobakasu_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210716_sobakasu_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210716_sobakasu_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210716_sobakasu_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210716_sobakasu_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210716_sobakasu_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210716_sobakasu_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210716_sobakasu_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画