それでも『100日後に死ぬワニ』が好き――渋谷の「追悼ショップ」を訪れるファンそれぞれの思いとは

2020年3月23日

ライフ
ULM編集部

連載中も連載終了後も、さまざまな議論を巻き起こし、社会現象と呼ばれるほどの反響を呼んだ漫画『100日後に死ぬワニ』。批判の声もあるなかで関連グッズを買いにに訪れたファンは、どのような思いを抱えているのでしょうか。


2020年、おそらく一番の話題作

「毎日読んでた。考えさせられたし、すごく勇気づけられた」
「終わったとたんに商売っ気モロ出しで、ちょっと引いた」

これほど議論を巻き起こした作品も、珍しいかもしれません。

 漫画家・きくちゆうき氏によるSNS(会員制交流サイト)発の『100日後に死ぬワニ』(以下、「100ワニ」)です。

 2019年12月19日(木)に始まった連載は1日に4コマ漫画が1作ずつ、100日連続で公開されていく進行で、100日めとなる2020年3月20日(金)夜、主人公であるワニの死をもって完結を迎えました。

 ツイッターなどでは連載中から、「何気ない日常の大切さを考えさせられる」「誰にとっても『死ぬ100日前』があって、でもそれを知らないまま日常を生きていることもあるんだと気づかされた」など称賛の声が上がる一方、「死をエンターテインメントの一種にしているのではないか」といった批判も起こり、ファンも懐疑派も目が離せない展開となりました。

 さらなる議論を呼んだのは、最終話の公開から1時間もたたないうちに作者・きくち氏のアカウント上で、数十種類以上に及ぶ関連グッズの発売や書籍化、さらには映画化や人気バンドいきものがかりとのタイアップ楽曲までもが発表されたためです。

死んだワニを思って集まったファンたちによる寄せ書き(2020年3月23日、遠藤綾乃撮影)

 想像を超える大掛かりな商業展開に驚いた読者たちからは

「え、なんていうか、仕事早いですね……」
「怒涛のグッズ展開で丸儲けかあ」
「せっかく感動してたのに、正直しらけてしまった」
「もうちょっと作品の余韻を味わわせてよ……」

と批判的意見も寄せられ、きくち氏がその意図についてSNS上で“釈明”するにまで至りました。

「グッズ買う奴は踊らされてるだけ」などと揶揄(やゆ)する声が上がるなか、連載終了の3月21日(土)にオープンした渋谷ロフト(渋谷区宇田川町)の特設売り場「100ワニ追悼(ついとう)ポップアップショップ」は、大勢のファンで連日にぎわいを見せています。

 ファンは作品の何に引かれたのか、どんな思いで売り場を訪れたのか、その声を聴いてみました。

「毎晩、娘に読んで聞かせていました」


【画像】『100日後に死ぬワニ』渋谷ロフトで販売されている関連グッズ

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/03/200323_wani_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200323_wani_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200323_wani_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200323_wani_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200323_wani_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200323_wani_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200323_wani_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200323_wani_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画