もうFコードも怖くない? 指1本で弾ける「電子ギター」が爆誕、開発者に仕組みを聞いた

誰もがきっと一度はあこがれる楽器、ギター。コロナ禍の在宅時間に始める人も増えているようです。ただ、コードを覚えたり指を動かしたりするのが難しくて挫折してしまった、という人も少なくないよう。そんな人たちにもぴったりの電子ギターがこのたび誕生しました。


今週末、秋葉原でお披露目!

 2021年1月に発表されたアンケート調査によると、コロナ禍の2021年に「新たにトライしたい習い事・スキルアップしたいこと」が「ある」と答えた人の割合は73.5%とおよそ4人に3人。

「コロナ禍で増えた在宅時間を有効に使いたい」と考える人が大勢のようです。

 具体的な内容は、語学やパソコン、ダイエット、筋トレなどに次いで「楽器」が7位に入りました。「ギターを弾けるようになりたい。前からやってみたかったことにこの機会にチャレンジしたい」(男性30代)といった声も聞かれます。

(調査は2020年12月、電子書籍ストア「ブックライブ」がサービス利用者2392人を対象に実施。)

誰もが一度はあこがれる楽器、ギター。かっこよく弾けたらいいなと思いませんか?(画像:写真AC)



 SNSのTikTok内でハッシュタグ「#ギター」が付けられた動画コンテンツの再生回数は、トータルで実に7億9000万回を超える注目度の高さ。実際、2020年にTikTokから大ヒットした「香水」(瑛人)や「ポケットからきゅんです!」(ひらめ)などは、いずれもアコースティックギター1本で演奏する楽曲でした。

 2020年12月7日付の日本経済新聞(電子版)によると、コロナ禍でギターやウクレレの売り上げは倍増。「今年は初心者向けの楽器が売れ続けている」といった店頭の反応を紹介しています。

ギターを始めた人、9割が1年で挫折!

 2万~3万円台と比較的手頃な価格で手に入り、思い立ったら誰でも始められるギター。しかし一方で、上達するまでのハードルは決して低いとは言えないようです。

 老舗ギターメーカーのフェンダー社が行った調査によれば、毎年販売するギターのうち45%が新たにギターを始める人が購入するもので、そのうち90%もの人が1年以内に挫折しているのだとか。

 左手の指で複数の弦を押さえながら右手でつま弾くという複合的な動作が難しく、コードをなめらかに奏でられるようになる前に心が折れてしまう人は少なくないようです。

難解なコードや複雑な動作に、途中で挫折してしまう人も……(画像:写真AC)



 そんな挫折経験者にとっても、これからギターを始めてみたいと考える人にとっても“救世主”と言えそうな製品がこの夏、発売します。

 1~2個のボタンを押すだけであらゆるコードを再現できる電子ギター「インスタコード」。

 2021年5月14日(金)~16日(日)に東京・秋葉原で開かれる一般向けの展示会を前に、開発者の男性に製品の魅力や狙いについて聞きました。

難解なFコードも指1本で!

 InstaChord(目黒区下目黒)代表であり唯一の社員でもある永田雄一さん。広告制作会社、化学ベンチャーなどを経て、2019年9月に同社を設立しました。

 アイドルや企業などへの楽曲提供を行い、自身もボーカリストとして全国で演奏活動を行うミュージシャンですが、「不器用で楽器はほとんど弾けない」と話します。

 ギターにあこがれる人たちがもっと気軽に演奏できるようになればと思い開発したのが、今回のインスタコードです。

 全長約42cmの本機には液晶ディスプレイとタッチボタンが付いていて、Cメジャー、Gメジャーなどの調号をディスプレイ上で選択すると、タッチボタンひとつひとつがそれぞれのコードに対応する仕組み。

インスタコードは、コードに対応したボタンを押すだけでOK(画像:InstaChord)



 弾きたいコードを表すボタンを左手の指で押しながら、右手でギターの弦に見立てたゴムパッドに触れることで、きれいな和音が再生されます。

 電卓と同じ配列で並んでいるボタンが基本コードの順番に対応しているため、楽譜上のコードを1、2、3、4、5……と置き換えれば、後はその数字に沿ってボタンをひとつずつ押すだけ。メジャーコードとマイナーコードの切り替えも、もうひとつのボタンを押すだけというシンプルな操作方法です。

 これなら「Fコードが押さえられなくて早々に心が折れてしまった……」という人も、その壁を指1本でクリアできるでしょう。

埋もれた才能の掘り起こしにも

 今までにない電子楽器の登場に、胸を高鳴らせたファンは少なくありません。2020年に行ったクラウドファンディングでは、設定目標を大幅に上回る7900万円超の支援が寄せられました。

「かつてギターに挫折したという50~60代の男性や、子どもと一緒にギターを楽しみたいという保護者の方、それからSNSの影響なのか若い世代も多いです」と永田さん。

 音楽家である自身が「楽器はほとんど弾けない」と公言している通り、

「音楽が好きでもギターが弾けない、という人は少なからずいるはずです。このインスタコードが、そうした“埋もれた才能”の掘り起こしにつながってくれたらとてもうれしい。触れた瞬間から弾ける感動をぜひ味わっていただきたいと思っています」

と話します。

インスタコードの魅力について話す、開発者の永田さん(画像:2021年5月7日、遠藤綾乃撮影)



 本機はコード理論に基づいたインターフェイスになっているため、弾いているうちにコード進行が身に付き、作曲の実践など音楽教育にも役立つとのこと。使用方法の発展性が高く、クラウドファンディング支援者には音楽業界で活躍するプロたちも名を連ねました。

 さらに、ギターだけでなくピアノやバイオリンなど128種類もの音色が内蔵されているので、1台でバンドのフル演奏を再現することも可能。永田さん自身が全てのパートをインスタコードで表現した「Lemon」(米津玄師)の演奏動画もアップされています。

 税込み3万4980円。今回4000台を製造し、2021年8月下旬の発送予定とのこと。5月14日(金)~16日(日)の日程で、JR秋葉原駅前のSEEKBASE(千代田区神田練塀町)で実機を体験できるショールームを展開中です。

 全くの未経験者でもすぐ奏でられる画期的ギター。コロナ禍のおうち時間にも打ってつけです。

 当時は入場無料ですが、新型コロナの感染対策のため混雑時には入場を制限する場合もあるそうです。


【画像】指1本で弾けるギター、どんな製品?(3枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/05/210512_dguitar_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210512_dguitar_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210512_dguitar_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210512_dguitar_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210512_dguitar_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210512_dguitar_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210512_dguitar_04-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画