コロナ禍でもハロウィーン参加するのは一体どんな人? イベント肯定派・否定派の意見も聞いてみた

近年盛り上がりを見せるハロウィーンですが、コロナ禍の現在、どのように受け止められているのでしょうか。ホットペッパーグルメ外食総研・上席研究員の稲垣昌宏さんが解説します。


恒例行事となったハロウィーン

 10月後半と言えば、すっかり日本でも恒例行事として定着してきたハロウィーンの季節です。渋谷や六本木では仮装した若者が多く集まり、残念ながらなかにはエスカレートする行為も見られ、自治体が条例で取り締まる状況になりました。

過去に行われた渋谷駅前のハロウィーンの様子(画像:123RF)

 ただ2020年はコロナ禍で例年とは事情が異なっているため、変化が起こっているようです。

 弊社(リクルートライフスタイル)で2015年から毎年行っているハロウィーンの過ごし方調査から、その変化を見てみましょう。

過ごし方の希望は「家で」「スイーツ」

 調査の結果、2020年のハロウィーンに関連した飲食、パーティー、イベントについて、参加予定があるという人は15.2%で、2019年同時期の調査から6.0ポイント減少し、過去6年間で最低の値となっています。

 参加意向が最も高いのは男女とも20代で、20代女性では23.0%、20代男性では22.0%が参加予定と回答。

 2019年の参加実績(調査は2020年)と2020年の参加予定を比べると、20代男性(7.6ポイント減)、30代女性(7.1ポイント減)を筆頭に減少幅が大きく、参加を予定している世代は例年通り若い世代が多いものの、参加予定者の減少幅も大きくなっています。

 また、過ごし方の希望を聞いたところ、「ハロウィーンを意識して過ごすつもりはない」以外でのトップ5が、

1位:家で過ごしたい(22.2%)
2位:ハロウィーンスイーツを食べたい(12.2%)
3位:飲酒を楽しみたい(8.9%)
4位:手作りの料理を食べたい(8.8%)
5位:会話を楽しみたい(8.5%)

でした。

設問「今年のハロウィーンはどのように過ごしたいか」の結果(画像:リクルートライフスタイル)

 特に20・30代女性では「ハロウィーンスイーツを食べたい」「かぼちゃ料理を食べたい」「ハロウィーンに合った料理やお菓子を作りたい」を中心に多くの希望がありました。

一緒に居たいのは「夫婦」「家族・親族」


【調査結果】ハロウィーン「肯定派」「否定派」、それぞれの意見を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/10/201022_halloween_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201022_halloween_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201022_halloween_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201022_halloween_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201022_halloween_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201022_halloween_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201022_halloween_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201022_halloween_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画