世界的ブームを巻き起こした「数独」 あまりの人気にスペインでは「出生率低下」を不安視されていた!

数字パズル「数独」の名付け親・鍜治真起さんが8月10日、亡くなりました。ということで、今回は数独が世界的な人気を誇るまでの道のりをご紹介。フリーライターの金平奈津子さんが解説します。


世界でブームになった数独

 パズル制作会社「ニコリ」(中央区日本橋浜町)の前社長で、数字パズル「数独」の名付け親として知られる鍜治真起(かじ・まき)さんが8月10日(火)、69歳で亡くなりました。

数独(画像:写真AC)

 コロナ禍の現在、家のなかでひとりで遊べるとして改めて脚光を浴びているパズルゲームですが、そのなかでも数独は日本で生まれ、世界でブームになった「暇つぶし」です。

 そんな数独が広く知られるようになったのは、2005(平成17)年頃からでした。

 鍛冶さんがパズルに魅せられたのは、ブームよりはるか以前の1970年代後半から。印刷会社でサラリーマンをしていた頃、仕事仲間のイラストレーター・清水眞理さんからアメリカのパズル雑誌を見せられたのがきっかけでした。

発行部数1000部からのスタート

 日本には当時、パズル雑誌はひとつも存在していませんでした。かねてより雑誌をつくりたいと思っていた鍛冶さんは、清水さんとその姉の樹村めい子さんの3人で1980年に『パズル通信ニコリ』を創刊します。

「ニコリ」とは競馬が好きな鍛冶さんの発案で、イギリスのダービー馬が由来。「通信」と付けたのは、当時読んでいた雑誌『流行通信』にちなんでいます。

中央区日本橋浜町にある「ニコリ」(画像:(C)Google)

 当初の発行部数は1000部。パズルの制作も編集も、書店周りの営業もすべて未経験からのスタートでした。創刊号には鍛冶さんの考えた、こんなコピーが踊っていました。

「明日晴れれば、気も晴れる。パズル解ければ、心も解ける。今、街に出るパズルスピリッツ。パズル通信「ニコリ」。どうぞよろしく」

 今では雑誌やアプリなどで、大人から子どもまで楽しめるパズルが多数存在しています。しかし当時の市場はまだ小さく、子ども向けの迷路や間違い探しか、大人向けのクロスワードがある程度。そこで、一躍人気のパズルとなったのが数独でした。

数独本の誕生は1988年から


【画像】イギリスの新聞にも載った「数独」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/210818_sudoku_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210818_sudoku_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210818_sudoku_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210818_sudoku_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210818_sudoku_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210818_sudoku_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画