「自宅でラッキー」は大間違い 東京五輪で注目「テレワーク」に十分過ぎるほどの下準備が必要なワケ(前編)

2020年東京五輪・パラリンピックまで、あと半年弱。期間中の都心の混雑を見越して積極的な導入を推進されているのが「テレワーク」です。開催までまだ少し時間がある今のうちに考えておきたいテレワークのあれこれを、ライターの冨田格さんが2回にわたって解説します。


ご存じですか? 7月24日は「テレワークの日」

 インバウンドと言えば、以前なら中国または韓国からの観光客を思い浮かべることが多かったのですが、「ラグビーワールドカップ2019日本大会」の期間中は大きく変わりました。東京都内各所で、アジアからの観光客に加えて欧米や南半球から来日した観光客グループとの遭遇率が一気に跳ね上がりました。

 世界規模のスポーツイベントが開催されるということは、どれだけ多くの人が日本を訪れるのかということをあらためて実感させられました。そして2020年の夏には東京五輪・パラリンピックが待ち受けています。

 たった1種目で参加国も限定的なラグビーW杯とは比較にならないほど多くの人々が、東京を目指してやってきます。さらに、試合開始時刻が午後~夕方の時間帯だったラグビーW杯とは違い、東京五輪は午前中から試合スケジュールが組まれています。つまり、通勤ラッシュの時間帯に競技観戦のための移動が重なることになるのです。

 ただでさえ地獄と言われる真夏の通勤ラッシュに、さらに多くの外国人が乗り合わせるとなると……想像するだけで恐ろしい状況になることは確実です。

自宅でリラックスしながらテレワークする会社員のイメージ(画像:写真AC)

 そんな状況を少しでも回避するために、総務省や経済産業省などの関係府省、東京都、関係団体が連携して「テレワーク」の普及促進を図っています。

 2020年に東京五輪の開会式が予定されている7月24日を毎年「テレワーク・デイ」と位置付け、この数年間実施してきたので、すでにテレワークを体験した人もいるかもしれません。

 まだご存じない人のために簡単に説明すると、テレワークとは「テレ(tele)=離れたところで」+「ワーク(work)=働く」こと。

 ICT(情報通信技術)を活用し、時間や場所を有効に活用できる、柔軟な働き方のことを指します。つまり、出社をせずにインターネットを通じてやり取りしながら会社以外の場所で仕事するということです。

全ての自宅が「テレワーク向き」とは限らない


【意識調査】「働き方改革に取り組んでいる」企業は60%超、それでもテレワーク導入はわずか10%足らず……

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/02/200204_tele_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200204_tele_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200204_tele_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200204_tele_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200204_tele_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200204_tele_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画