ソフトバンクの白戸家CMでも人気 昭和の名女優「若尾文子」から学ぶ魅力ある女性の生き方とは

キネマ旬報社によるファン投票で、日本映画女優部門「第2位」に選ばれた、日本を代表する名女優・若尾文子の魅力について、フリーライターの立花加久さんが解説します。


主要女優賞も立て続けに受賞

 日本を代表する名女優・若尾文子(あやこ)の出演映画41作品が日替わりで上映される「若尾文子映画祭」が、「角川シネマ有楽町」(千代田区有楽町)で4月2日(木)まで開催されています。

勝ち気でキュートな現代女性を描いた「お嬢さん」の若尾文子(画像:(C)KADOKAWA)

 若尾がスクリーンデビューを飾ったのは、弱冠19歳のとき。1952(昭和27)年の「死の街を脱(のが)れて」という、終戦直後の中国大陸に取り残された女性と子どもの過酷な生きざまを描いた、とても重く硬派な映画でした。

ファン投票で日本映画女優部門第2位に選出

 若尾はスター女優の仲間入りを果たすと、その後、溝口健二や小津安二郎、川島雄三、増村保造といった世界的巨匠の作品に起用され、名女優としてのキャリアを確実に積み重ねていきます。

 1960年代を中心に、キネマ旬報賞、NHK映画賞、ブルーリボン賞、日本映画記者会賞、ホワイトブロンズ賞といった主要女優賞も立て続けに受賞。人気だけではなく、実力派女優としての地位も次第に確立していきました。

若尾映画の名作の舞台となった銀座・有楽町周辺(画像:立花加久)

 映画出演総数は160本(2015年時点)で、2014年に行われたキネマ旬報社(中央区銀座)によるファン投票では、日本映画女優部門第2位にも選出されるなど、今なお日本を代表する名女優として輝き続けています。

女性の生き方が学べる若尾映画


【画像】色気のなかに漂う「知性」 若尾文子の「映画祭公式ポスター」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/02/200226_wakao_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/200226_wakao_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/200226_wakao_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/200226_wakao_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/200226_wakao_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/200226_wakao_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/200226_wakao_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/200226_wakao_06-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画