1984年に日本上陸「エリマキトカゲ」 大ブームで便乗商品が氾濫、あなたは持ってた?

80年代に一世を風靡したエリマキトカゲブーム。その背景について、フリーライターの本間めい子さんが解説します。


エリマキトカゲを覚えていますか?

 さまざまなものが常に流行を繰り返している東京の街――考えてみれば「なぜこんなものが?」というブームはたくさんありました。

 中でも不思議だったのは、エリマキトカゲのブームです。エリマキトカゲはオーストラリア北部やパプアニューギニアに生息し、特にオーストラリアでは2セント銅貨に描かれていたこともあるメジャーな生き物です。

エリマキトカゲ(画像:西オーストラリア州政府観光局)

 ちなみにエリマキトカゲのシンボルである襟巻き(エリマキ)のような部分は、危険を感じたときに相手を威嚇するために使うものです。というわけで、確かに珍しい生き物なのですがなぜあんなにはやったのでしょうか。

人気のきっかけはテレビ番組から

 そのきっかけは、1984(昭和59)年にTBS系列で放送されていた『わくわく動物ランド』で取り上げられたことです。

 このとき、番組特製のエリマキトカゲのぬいぐるみを6個プレゼントすると番組内で告知したところ、なんと70万通もの応募が殺到したといいます。

 その直後、三菱自動車(港区芝浦)のミラージュのCMにエリマキトカゲが登場すると、あちこちでエリマキトカゲを見たい、知りたいという声が急増します。

 しかし当時、日本にエリマキトカゲを飼育する動物園はありませんでした。そのため、あちこちから動物写真家に「エリマキトカゲの写真が欲しい」という電話が殺到したといいます(『週刊読売』1984年6月17日号)。

 この時点ですでに、「エリマキトカゲであれば何でも売れる」という熱狂が生まれていたのです。なお熱狂が注目され始めたのは、この年の3月頃のことでした。

 エリマキトカゲを渇望する人々を見てすぐに動いたのは、玩具業界でした。5月31日から開催された「’84東京おもちゃショー」には100種類を超えるエリマキトカゲの商品が並びました。ゴム製人形、ぬいぐるみ、ジグソーパズル、手押し車、タオルや襟巻きなど、それはバラエティー豊かでした。

 ジグソーパズルに至ってはエリマキトカゲの写真をそのまま使ったものでしたが、会期中の2日間で12万個の注文を受ける大ヒット商品になりました(『週刊現代』1984年6月30日号)。

1984年8月に発売された「エリマキトカゲ オーストラリアのおもしろトカゲ大集合」(画像:小学館)

 一般的に玩具業界では新商品の開発に約半年かかると言われていましたが、夏のピークまでが勝負となると考えたメーカー各社は商品を急増。今考えれば、ある意味「粗製乱造」ですが、それでも消費者たちはエリマキトカゲの商品を欲したのです。

レコードもビデオも発売された


【画像】1984年6月、日本に初上陸した「エリマキトカゲ」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/11/201105_tokage_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201105_tokage_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201105_tokage_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201105_tokage_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201105_tokage_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画