えっ、本物じゃないの? SNSで最近、超リアルな「東京CG作品」が増えているワケ

2021年4月28日

ライフ
ULM編集部

ツイッターなどのSNSでは、まるで実写のように精巧に描かれた絵画やイラスト、CG作品が話題になることがしばしばです。そして最近、そんな作品群の中で「東京都心」を表現したものが増え始めていることをご存じでしょうか? その背景と、共通して付けられているハッシュタグ「#PLATEAU」のナゾに迫りました。


実写じゃないの? 思わず二度見

 まるで大洪水に見舞われたかのように、街全体が水没した港区と東京タワー。
 ドローンで空撮したかと見まがうような、西新宿の摩天楼と東京都庁。
 朝日に照らし出されて、白く浮かび上がる新国立競技場――。

実写じゃないの――? 思わず二度見してしまうほど精巧な、CGで描かれた東京・西新宿の街(画像:@cocyan_viz、こしあん さん制作)

 最近、ツイッターなどのSNSで、やたらと精巧な東京のCG画像や動画がいくつも投稿されていることにお気づきでしょうか?

 これらの投稿に共通して付けられているハッシュタグは、「#PLATEAU」。

 国土交通省都市局が主導する、3D都市モデル事業「Project PLATEAU(プロジェクト プラトー)」のデータを利用して制作したものであることを意味しています。

 このオープンデータに映像クリエイターたちが目を付け、3DCGソフトなどと併用して自身の作品制作に使い始めているのです。

 投稿作品を見たSNSユーザーたちからは、

「ものすごくキレイ……」
「建物が細かくてリアル!」」
「映画みたい」

と驚きの反応が続々。

 しかしそもそも「3D都市モデル」とは一体何なのか? 何のために国はプロジェクトを進めているのか? そして、なぜそのプロジェクトがクリエイターたちの間で受けたのか?

 ちょっと専門的で取っ付きにくそうな話題にも感じますが、これは私たちの生活を飛躍的に便利に、そして快適にする注目のプロジェクトのようです。

国交省肝入り、3D都市モデルとは何か


【画像】本物みたいな「東京CG作品」(8枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/04/210427_plateau_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210427_plateau_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210427_plateau_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210427_plateau_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210427_plateau_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210427_plateau_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210427_plateau_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210427_plateau_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210427_plateau_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210427_plateau_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210427_plateau_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210427_plateau_16-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210427_plateau_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210427_plateau_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210427_plateau_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210427_plateau_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画