江戸末期の品川に27邸もの「大名屋敷」が集まっていた理由

東京都の区部南部に位置する品川区。かつてここには多くの大名屋敷がありました。いったいなぜでしょうか。その歴史とともに、フリーライターの県庁坂のぼるさんが解説します。


歴史と魅力あふれる品川区内の公園

 戸越公園(品川区豊町)は風光明媚(めいび)な庭園のある公園です。

品川区豊町にある戸越公園(画像:写真AC)

 元々は熊本藩・細川家の下屋敷(別邸)に始まり、伊予松山藩などが屋敷を設けた土地で、園内はそうした歴史を感じさせます。面積は決して広くありませんが、この公園のためだけに近所に住んだ人もいるのでは? と思うくらいに立派。こんな公園を無料で開放しているなんて、品川区も太っ腹です。

 最寄りは大井町線戸越公園駅で、再開発で盛り上がる大井町エリアまでもすぐです。ちなみに、同じ品川区で言えば、池田山公園(品川区東五反田)も負けず劣らずの魅力で、こちらは元々岡山藩池田家の下屋敷でした。

江戸時代の大名はつらいよ

 さて江戸末期の1856(安政3)年、品川区域には27もの大名屋敷がありました。当時、江戸の街から見ると現在の品川区域は郊外にあたりますが、なぜそのような場所に多くの大名屋敷があったのでしょうか。

 品川区が2014年に発表した史誌『品川区史 2014 歴史と未来をつなぐまち しながわ』では

「大名の多くが人生の目標としたのが、趣味に生きる隠居生活」

だったと記しています。

史誌『品川区史 2014 歴史と未来をつなぐまち しながわ』(画像:品川区)

 江戸時代の大名は、家来から「お殿様」と呼ばれて威張っているわけにいきませんでした。なにしろ参勤交代で、1年ごとに領地と江戸とを往復しなければなりません。

 そんな落ち着かない生活をしながら領地を運営しつつ、幕府から命じられた役目も果たさなくてはいけないわけです。自分ひとりの振る舞いに、家来たちとその家族の運命もかかっているわけですから、プレッシャーは相当のもの。

 それに譜代大名(関ケ原の戦い以前から徳川家に属した家臣。幕府の要職を占めた)であれば、幕府の役職をめぐって、外様大名(譜代以外の大名)なら官位や席次をめぐって、ほかの大名家との争いもありました。

激務の後には悠々自適の生活


【画像】大名屋敷が多かった品川区 「明治初期」の様子を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/04/210422_shinagawa_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210422_shinagawa_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210422_shinagawa_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210422_shinagawa_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210422_shinagawa_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210422_shinagawa_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210422_shinagawa_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210422_shinagawa_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210422_shinagawa_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210422_shinagawa_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210422_shinagawa_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210422_shinagawa_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画