公園に突如現れた紳士風の男性の意外な正体を描いた漫画「リズム感がすごい……」

東京在住15年のどらミーさんは、日々の生活が生みだす「ちょっとした驚きや喜び」を描くイラストレーターです。今回のテーマは、「公園に突如現れた謎の男性」です。


言葉遣いがとても丁寧、身なりもきちんとしていた

 どらミーさん(ペンネーム)は東京在住15年、ビジネス雑誌のマンガなどを手掛けているイラストレーターです。現在は「比較的都心」に住んでいますが、かつては都内のさまざまな街を移り住んでいたといいます。そんなどらミーさんが描くアーバンライフメトロ・オリジナル4コマ漫画。今回のテーマは「公園に突如現れた謎の男性」です。

どらミーさん自身の体験を描いた漫画のカット(どらミーさん制作)

――どらミーさん、今回の作品を作った背景を教えてください。

 子どものためにかわいい風船を作っていただき、とてもうれしかったからです。

――男性の印象を詳しく教えていただけますでしょうか。

 言葉遣いがとても丁寧で優しく、身なりもきちんとした人でした。公園では1mちょっとの机を置いて、バルーンアートをやっていらっしゃいました。

――バルーンアートは、何種類ぐらいあったのでしょうか。

 はっきり覚えていませんが、カタログに20種類ぐらいはあったような気がします。

――どらみーさんのご家族以外にも、多くの人が作ってもらったのでしょうか。

 そうですね、私たち家族の後には小さな行列ができていました。

――おじさんの手つきが、実にあざやかだったそうですね。

 風船をキュッキュとねじって形にするスピードも早かったのですが、その後にシールを貼ったり模様をマジックで描いたりといった、一連の作業の流れがテキパキとリズムよくて驚きました。

――娘さんはキリンの風船を選ばれたのですね。

 娘のそのときのブームが、キリンだったので(笑)。

――風船をもらった娘さんは、どのような反応でしたでしょうか。

 もちろん大喜びでした! 風船はその後、家で数週間飾っていました。日の経過に連れてしぼんで小さくなっていくキリンを見て、娘は「なんで小さくなっていくの?」と心配していました。

――風船オジサンにひと言お願いします。

 あのときは、本当にありがとうございました。風船を作っていただいた日、家族で1日ハッピーな気持ちで、その後も家でキリンを見るたびにうれしい気持ちになりました。

――読者にひと言お願いします。

 皆さんが風船おじさんに、どこかで会えることを願っています!


【画像】漫画を読む

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/09/190913_fusen_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190913_fusen_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190913_fusen_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190913_fusen_04-150x150.jpg

New Article

新着記事