スマホ全盛時代には理解不能? 昔の電話、使えるまでに2年もかかっていた!

かつてはどの家庭や電話ボックスにもあった分厚い電話帳ですが、今や利用者が激減しています。そんな電話帳と電話の歴史について、フリーライターの金平奈津子さんが解説します。


15年間で発行部数は99.7%減

 NTT東日本(新宿区西新宿)とNTT西日本(大阪市)が発行する五十音順電話帳「ハローページ」が、約半年後の2021年10月以降に発行・配布する最終版をもって終了します。

 2005(平成17)年には6500万部が発行されていたハローページは、携帯電話の普及によって、2020年には19万部(99.7%減)にまで落ち込みました。

 また固定電話加入世帯も近年激減しているため、発行形態も変化しています。かつては全戸配布でしたが、2001年には希望制に転換。現在、配布を希望する世帯は加入世帯の3割程度にとどまっています。

 もはや電話番号は「限られた人にしか教えない」という意識が世間に広がったことも影響しています。

 一方、職業別電話用「タウンページ」はまだ需要があるようで、発行を継続するようです。かつてはタウンページの広告を見て業者を探すことは当たり前でしたが、いまだに需要があるとは驚きです。

 かつて、そのページ数の多さから「電話帳のような分厚さ」という比喩表現も生まれましたが、その始まりは、とてもささやかなものでした。

高いのか安いのかわからない年間使用料


【画像】実に121年前! 日本初の「公衆電話ボックス」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/04/210420_denwa_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210420_denwa_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210420_denwa_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210420_denwa_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画