東京に「インスタ映え」は必要ないーー百戦錬磨のコンサルが行き着いた、ある一つの結論とは

東京は数々の「流行発信地」と呼ばれる街を抱えていて、それこそそこらじゅうに“インスタ映え”する商品が並んでいるイメージ。ですがその一方で「好きなものを作ってお客さんに喜んでもらえたら」と、実直なものづくりをする商売人も少なくありません。そうした独特の文化のありようこそを大切にしたいと、経営コンサルタントで経済思想家の倉本圭造さんは指摘します。


あるクライアントふたりの事例

 私(倉本圭造。経営コンサルタント、経済思想家)のクライアントには変わり種の業種もあって、なかでも「ひとりアパレル業」と「Jポップの作曲家業」のクライアントとの話はとても楽しいです。

 ふたつとも、非常に「東京という街」らしい仕事である、と感じます。

「ひとりアパレル」というのは、「自分ひとりでアパレルブランドを運営し、自分で服などのアイテムをデザインし、自分で作って、それが好きなお客さんを集めてきて、自分で売る」というスタイルの仕事です。

 もちろん、そういうスタイルのアパレル自体は世界中にあります。

 間に小売店などを挟まずに「生産者が顧客と直接つながって商売をする形態」という意味で、「D2C(direct to consumer)」という専用の用語があるぐらいです。

 しかし私のクライアントの「ひとりアパレル業」を見ていて「東京特有だなあ」と思うのは、良くも悪くも「現代風の商売っ気のなさ」に逆に驚かされるところがあるからです。

 東京ってこんな仕事のやり方でも生きていける街なのか! という驚きがある。

 というのは、諸外国でよく見られる「D2C」ビジネスというのは、もっと「インスタ映え」風のSNSでのアピールを徹底的に活用するスタイルが主流だからです。

ガツガツしていない東京の商売人たち


【アメリカ調査】世界の「映えスポット」ランキング 東京が驚きの順位に

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/02/210216_tokyolove_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210216_tokyolove_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210216_tokyolove_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210216_tokyolove_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画