「駅近」と聞いて、「徒歩何分」を想像する? 1都3県で調査 浮かび上がった理想と現実

2019年6月28日

ライフ
ULM編集部

不動産テック企業リビン・テクノロジーズが、1都3県を対象に「駅近」についての調査を実施。駅から家までの所要時間の理想と現実が垣間見える結果となっています。


ハッキリとした定義のない「駅近」、皆は何分だと考えている?

 住まい選びなどをする際、気になるのが駅からの所要時間。駅から近いことを「駅近」と呼ぶ機会も多いかと思います。ですが「駅近」に万国共通の定義はありません。

「駅近」とは、徒歩何分なのか(画像:写真AC)

 では多くの人は、駅から徒歩何分までを「駅近」と考えているのでしょうか。そんな永遠の問いに迫る、アンケート調査が行われました。

 リビン・テクノロジーズ(中央区日本橋堀留町)は、不動産比較サイト「リビンマッチ」を利用した、1都3県(東京、神奈川、埼玉、千葉)在住の20歳以上の男女180人を対象に、「駅近は徒歩何分までか」についての調査を実施。

「『駅近』は駅から徒歩何分まで?」という問いに対し、最も多かった回答は「10分」で31.1%でした。次いで多かったのは「5分」で25.0%。「10分」か「5分」と回答する人のみで、半数を超えています。なお、その後に続くのは「16分以上」で10.0%。

 平均すると「徒歩8.2分」という数値が算出されています。

駅から徒歩10分圏内に住んでいる人は「半分以下」


【回答一覧】「『駅近』は駅から徒歩何分?」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/06/190628_ekitika_03-1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190628_ekitika_04-1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190628_ekitika_05-1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190628_ekitika_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190628_ekitika_02-1-150x150.jpg

New Article

新着記事