大人気「NiziU」と『ヒプマイ』に意外な共通点 最新ヒットに欠かせない「2つの法則」とは?

最近話題の『ヒプノシスマイク』をご存じでしょうか? 登場するキャラクターたちがラップを通じたバトルを繰り広げる音楽性の高いストーリー作品です。ヒットの理由を探っていくと、同じく人気のガールズグループ「NiziU」との意外な共通点が見えてきました。フリーライターの苫とり子さんが解説します。


池袋・渋谷・新宿などが舞台

 登場キャラクターたちがラップでバトルを繰り広げる人気作品『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』(ヒプマイ)。

 作中歌などを収めたCDアルバム『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle- 2nd D.R.B「Fling Posse VS MAD TRIGGER CREW」』が、発売初週に9.9万枚を売り上げ、2021年3月30日(火)に発表された「オリコン週間アルバムランキング」で初登場1位を獲得しました。

人気拡大中の「ヒプノシスマイク」。作家チームFuture Unisonが新曲制作に加わるなど、本格的な楽曲も魅力のひとつ(画像:(C)EVIL LINE RECORDS/相羽紀行・講談社、United Future Creators)

 SNSアプリを運営するLINE(新宿区新宿)のLINEリサーチが発表した「57万人が選ぶ2020年の男性人気アイドルグループ」男女年代別ランキングでは、「ヒプノシスマイク」が女性10代部門で嵐に次ぐ2位。

 男性10代部門でも関ジャニ∞と同率5位、女性20代・男性20代部門でもそれぞれ10位以内にランクインするなど、ヒプマイは性別を問わず若い世代を中心に人気を誇っています。

 そもそもヒプノシスマイクとは何かを説明すると、キングレコード(文京区音羽)内レーベル「EVIL LINE RECORDS」が手がける“音楽原作キャラクターラッププロジェクト”。

 人気声優18人が、イケブクロ・シブヤ・シンジュクといった東京の地名と、ヨコハマ・オオサカ・ナゴヤの3つの地名がついたディビジョン(区画)を拠点とするチームに所属する、個性豊かなキャラクターに扮しています。

 作中のラップバトルを彩る楽曲は、名だたるアーティストたち(Zeebraやゴールデンボンバー鬼龍院翔など)が手がけています。

 このプロジェクトは2017年9月に始動。2021年4月現在、「2nd Division Rap Battle」の真っただ中です。

「第3次世界大戦」以降の世界を描く


【どんなキャラ?】登場人物たちを見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/04/210411_hipmai_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210411_hipmai_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210411_hipmai_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210411_hipmai_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210411_hipmai_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210411_hipmai_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画