今まで知らなかった! 相撲界を「角界」、歌舞伎界を「梨園」と呼ぶワケ

テレビを見ていると相撲界を「角界」、歌舞伎界を「梨園」と呼んでいますが、いったいなぜこのような名称なのでしょうか。フリーライターの犬神瞳子さんが解説します。


ニュースでよく耳にする「角界」「梨園」

 日本の伝統文化である相撲や歌舞伎は、多くのファンに愛されています。また、東京には両国国技館(墨田区横網)や歌舞伎座(中央区銀座)といったシンボリックな施設があるため、東京に住んでいる人であれば1度くらい足を運んだことがあるでしょう。

相撲の稽古をする力士のイメージ(画像:写真AC)

 また相撲ファンと歌舞伎ファンには熱くて親切な人が多いため、こちらに知識がなくても興味さえあれば、いろいろと教えてくれます。そのため、想像されている以上に「ハードル」は低いと言えます。

 ところで、ニュースを見ていると、相撲界と歌舞伎界のことを

・角界(かくかい、かっかい)

・梨園(りえん)

と呼んでいることに気づきます。なぜこのような言葉が使われているのか、皆さんはご存じでしょうか。

「角」の字に込められた意味

 まず、角界から説明しましょう。

 角界とは、相撲をかつて「角力」と記していたことに由来しています。読み方は「かくりき」ではなく「すもう」です。これは江戸時代ごろに起こった当て字読みで、元は「角」の字の意味から来ています。

墨田区横網にある両国国技館(画像:写真AC)

 漢和辞典『新字源』(角川書店)によると、「角」という字には「動物の角(つの)」のほか、

・きそう
・あらそう
・くらべる

など、多くの意味があります。

 また角力には

・力をくらべる
・武力で勝敗を決する

という意味もあり、ここから角力と書いてすもうと読むことが広まったと考えられます。

 バトル漫画などで、勝負強いだけでなく情にあつい人物を「漢」と書いて「おとこ」と読むのをよく見かけます。角力(すもう)もこれと似たイメージで、なんとなくふさわしい字をあてたのが次第に定着していったのでしょう。

相撲は昔、格闘技だった?

 もうひとつ重要なのが、かつての土俵の形が四角だったことです。

 日本の国技である相撲は、神話時代から存在していたとされます。例えば『古事記』の葦原中国平定(あしはらのなかつくにへいてい)という説話では、高天原(たかまがはら)から遣わされた建御雷神(たけみかづちのかみ)と建御名方神(たけみなかたのかみ)が争っており、このときのふたりの力比べが相撲の起源とされています。

『日本書紀』(画像:中央公論新社)

 また『日本書紀』では、垂仁(すいにん)天皇の時代に野見宿禰(すくね)と当麻蹴速(たいまのけはや)が「●(=手へんに角)力(すまい)」で戦い、勝った野見宿禰が土地を賜った記述があります。

 ただ、このときの戦いは野見宿禰が当麻蹴速の腰を踏み折って勝ったとあり、相撲というより今の格闘技の戦闘技術に近いものがあります。

江戸時代にスポーツ化


【スポーツ観戦ランキング】大相撲はいったい何位?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/07/210729_kakkai_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210729_kakkai_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210729_kakkai_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210729_kakkai_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210729_kakkai_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210729_kakkai_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210729_kakkai_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画