池袋の築40年木造「風呂なし」アパートに入居したら、思いもよらぬ体験をした話【連載】記憶の路上を歩く(5)

入り組んだ路地の奥に建ち並ぶ、小さな木造家屋の数々。東京都内で姿を消しつつあるそうした建物が持つ固有の特長について、編集者の影山裕樹さんが語ります。


木造密集エリアの日常風景

 東日本大震災を契機にしつつ、その後は東京オリンピック・パラリンピックの開催を見据えて、都内の木造密集地域の整備が進んでいます。東京都は2012年に「木密地域不燃化10年プロジェクト」を立ち上げ、JR山手線外周部を中心に分布する木造住宅密集地域(木密地域)の不燃化を目指し、「不燃化特区」を指定しました。

 この不燃化特区は東京23区に広く存在するのですが、特に東京北部(城北エリア)の隅田川、荒川沿いの足立区、荒川区などに多く分布しています。実は僕(影山裕樹。編集者、千十一編集室代表)の住む豊島区も木密地域が多く、毎年冬になるとボヤ騒ぎが起きているので、正直見慣れた光景になりつつあります。

 巣鴨の住宅街のなかに存在する「朝日ほのぼのランド」は、民家跡地の234平方メートルの狭いエリアを活用し、田んぼや畑を整備し、夏には蛍を放つなど、ユニークな取り組みをしています。

 こういう狭い木密エリアの空白地帯を工夫している事例はとても尊敬しますが、多くは燃えて無くなった木造家屋の跡地を駐車場にしてしまったり、道路拡張を名目にただ潰してしまう。その判断に、少しだけ違和感を覚えています。

 僕は巣鴨に住みながら、徒歩10分の距離にある、東武東上線・北池袋駅にほど近い「上池袋」というエリアに事務所を構えているのですが、事務所という割に風呂無しトイレ共同、畳6畳の木造賃貸物件の一室となっています。

細い路地がまるで迷路のように入り組む木密地域(画像:影山裕樹)

 ここは山田荘といって、上池袋エリアを中心に木造物件を改修しさまざまなスペースを運営する「かみいけ木賃文化ネットワーク」という団体が管理する物件。

風呂やリビングは近くの別物件で


【画像】東京らしからぬ?木造物件の1階

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/04/210409_ikebukuro_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210409_ikebukuro_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210409_ikebukuro_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210409_ikebukuro_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210409_ikebukuro_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画