公立校とはどう違う? 都内有名私立校・国立大付属校の「新型コロナ対応」とは

政府による公立小中高校の「一斉休校要請」があった2月27日以降、都内の私立学校や国立大学付属学校はどのような対応をとっているのでしょうか。教育ジャーナリストの中山まち子さんが解説します。


都内私立学校と国立大学付属学校の対応は?

 2月27日(木)夕方、全国に流れた「政府が公立小中高校の一斉休校を要請」というニュースは非常にインパクトがありました。

 自治体ごとに対応が異なっているものの、全国の公立学校では春休みを前倒しでおおむね3月2日(月)から休みに入り、本年度はあっけなく終わってしまいました。

雙葉中学校・高校の外観(画像:(C)Google)

 その一方で、都内私立学校や国立大学付属学校は新型コロナウイルスに対してどのような対応をとっているのでしょうか。

多くは休校を決断

 結論から言うと、都内の私立中学・高校の多くも公立学校と同様に3月2日から休校措置を取っています。

バス通学のイメージ(画像:写真AC)

 都内公立学校についてはあまりに突然の決定だったこともあり、2日は登校日とするなど対応しました。

 しかし都内の私立学校では、大半の生徒がバスや電車などの公共交通機関を通学に使っていることもあり、政府要請を飲んだ形となりました。

「男子御三家」の対応は

 一般企業は時差通勤を推奨できますが、学校で始業時間を学年やクラスごとに変えてしまうと、逆に混乱を生じてしまいます。

 こうした現実を踏まえ、休校を決めたことは致し方ない決断と言えるでしょう。

「男子御三家」の開成中学校・高校(荒川区西日暮里)と武蔵中学校・高校(練馬区豊玉上)は休校前の2月29日(土)に臨時のホームルームを実施。

開成中学校・高校の外観(画像:(C)Google)

 麻布中学校・高校(港区元麻布)は3月2日から4月6日(月)までを休校とし、校内外での生徒の諸活動を禁止しています。

「女子御三家」の対応は

 桜蔭中学校・高校(文京区本郷)、女子学院中学校・高校(千代田区一番町)、雙葉中学校・高校(同区六番町)の「女子御三家」も同様に3月2日から休校とする対応をとっています。

桜蔭中学校・高校の外観(画像:(C)Google)

 これら有名私立学校は期末テストが中止になった学校も多く、公立学校と同じように政府発表から間もなく本年度を終え、長い春休みに突入したのです。

「渋渋」は他とは異なる対応


【緊急調査】新型コロナウイルスで「休園・休校」における保護者の悩みとは?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/03/200305_kyuko_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200305_kyuko_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200305_kyuko_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200305_kyuko_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200305_kyuko_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200305_kyuko_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200305_kyuko_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200305_kyuko_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200305_kyuko_07-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画