「鬼滅の刃」遊郭編 「子どもに見せる・見せない」と言ってる人へ まず知るべきは吉原の歴史だ

テレビアニメ化が決定したテレビアニメ「鬼滅の刃」遊郭編。そこで問題となっている「子どもに見せるべきか」論争について、吉原の歴史を交え、ルポライターの昼間たかしさんが解説します。


「遊郭編は子どもに見せて大丈夫なのか」

 2020年に大ヒットした映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(外崎春雄監督)のDVDとブルーレイが6月16日(水)、発売されました。

 店着日の6月15日だけでも21万8000枚を売り上げ、オリコンデイリーDVDランキングでは1位。また情報番組でもニュースとして取り上げられたこともあり、記録はまだまだ伸びそうです。

 なお2月には「遊郭編」の2021年テレビアニメ化決定も発表され、既にティザービジュアルとプロモーションビデオ第1弾が公開されています。

 原作単行本では8巻から11巻部分までにあたる「遊郭編」ですが、アニメ2期が発表になる以前の2020年からしばしば話題になっていたのが、

「遊郭が舞台。子どもに見せて大丈夫なのか」

ということでした。

 筆者(昼間たかし、ルポライター)はこの反応についてやや過剰と感じますが、やはり世間の感覚が変化しているのでしょうか。

吉原のルーツ

 40代の筆者が小学生だったころ、時代劇は地上波で盛んに放送されていました。そんななかでも

・遊郭
・岡場所(江戸幕府非公認の私娼〈ししょう〉地)
・夜鷹(よたか。江戸時代に夜の道ばたで客を引いた私娼)

は、だいたい20時台の放送で当たり前に出てきました(地域によっては平日午後に再放送されていました)。

テレビアニメ化が決定した『鬼滅の刃』遊郭編(画像:アニプレックス)

 子どもながらよくわからないなりに納得し、高学年あたりになると「昔はそういうものがあったのか」と知識が増えていったと記憶しています。当時は本物の遊郭を知っている世代も多く

「子どもの頃に川で大きな魚を釣って、遊郭に売りにいって小遣いを稼いでいた」

という話をする年寄りもいました。

 吉原という地名は既に無くなっています。元の吉原の範囲は現在の台東区千束3~4丁目です。

 吉原はもともと江戸開府にあたって、現在の中央区人形町付近つくられた幕府公認の遊女屋です。現在の人形町は都心部ですが、江戸初期には海に面したヨシ(葭)の茂る町外れの場所でした。その「葭原」が転じて「吉原」となりました。

 そして、江戸の街が拡大すると大名屋敷に隣接するようになります。そのため幕府は1656(明暦2)年10月、移転を命じます。

遊女が2000人もいた吉原


【画像】吉原にある遊郭専門の書店「カストリ書房」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/06/210617_kimetsu_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210617_kimetsu_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210617_kimetsu_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210617_kimetsu_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210617_kimetsu_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210617_kimetsu_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210617_kimetsu_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210617_kimetsu_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画