コロナ禍のドラマ「#リモラブ」が教えてくれた 人はなぜひとりで生きていけないのか

現在放送中の2020年秋期ドラマも、話題作がめじろ押しです。特に注目したいのは、新型コロナウイルスによって変化した人々の暮らしぶりや、人と人との距離感、それに触れ合いの描かれ方。コロナを通して考える「ディスタンス(距離)」について、帝京大学講師の田島悠来さんがふたつの作品を基に論じます。


人と人の距離を遠ざけたコロナウイルス

 新型コロナウイルス感染症の影響により、私たちは“新しい生活様式”を取り入れることを好むと好まざるとにかかわらず余儀なくされました。時に種々の困難さに心を疲弊させながらも適応していくことが求められています。

 こと東京は、世界的にみても人口密度が極めて高い都市。感染防止のために他者と物理的な距離をある程度保つ(「密」を避ける)ことひとつ取ってみても容易ではなく、より神経が磨り減るような毎日を送っている人も多いのではないでしょうか。

 そのような日々のなかで、テレビドラマは、娯楽・エンターテインメントとして人の心を癒しつつ、同時に、日常に心地よく首尾よく忍び込み時代や社会を映す鏡として機能しています。

 私たちにさまざまな気づきを与え、そしてこの世界のあり様や人との関わり方について問い直すきっかけを与えてくれます。

 秋のテレビドラマが開始して、はや1か月余り。本記事では、昨今の日本のテレビドラマの傾向を踏まえながら、今期放送中の作品から、コロナ禍の大都市における現在進行形の人と人との距離(ディスタンス)について考えてみましょう。

 その際、特に他者とのコミュニケーションや関係性の描写が物語のなかで重要な要素となってあらわれる恋愛ドラマに焦点を絞ってみていきます。

変わりつつあるドラマ人気ジャンル

 若い男女の恋愛と都会でのおしゃれな暮らしぶりを軸にして高視聴率を記録したトレンディードラマ全盛期も今は昔。

 2000年代以降の日本のテレビドラマは、医師や刑事、弁護士といった専門的な職業の者たち(現実的にはさほど多く存在するはずもなく!)の奮闘する姿と、その現場で繰り広げられる非日常的で劇的な出来事や事件、その謎の解明をスリリングに描く作品群が人気を博し、シリーズ化されるという傾向がありました。

 しかし近年、2016年の秋ドラマ「逃げ恥」こと『逃げるは恥だが役に立つ』(TBSテレビ系火曜22時)や2020年夏期の『私の家政夫ナギサさん』(同)をはじめとした恋愛ドラマが注目を集めるようになり、少しずつ変化の兆しが見え始めてもいます。

多様性や社会問題を描く近年の作品


【画像】漫画が原作、今秋の注目作は?(ドラマ・アニメ・映画)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/11/201113_drama_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201113_drama_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201113_drama_02-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画