【来月の運勢】3月は対人関係に要注意、でも実は「モメた後」が絶好チャンスな理由

令和2年も早くも3月。占い師の星健太郎さんは3月はもめ事が起きやすいといいます。いったいなぜでしょうか。その解決方法とともにお伝えします。


3月のテーマは「人間関係」

 2020年の3月は「春の田園」と呼ばれる運勢が回ってきます。

3月のカレンダーのイメージ(画像:写真AC)

 そもそも東洋占いでは、「木・火・土・金・水」の自然エネルギーの強弱によって運勢の流れを読み解き、現在の状態を見ていきます。3月はその自然エネルギーの中の「春の田園」と呼ばれる「土」のエネルギーが回ってくる時期です。

「春の田園」は想像してもらうとわかりますが、秋の収穫に向けて種をまく時期にあたります。

 そのため、「未来に向けて新しい一歩を踏み出すとき」と考えてもらうと良いでしょう。それは、まだ実りを得られる時期ではないとも言えるため、結果を先を急ぐのはよくありません。

 その代わり、ひとつひとつの行動が未来へとつながりやすいため、将来を意識して行動を起こすと良いでしょう。

負の感情が周りの人に伝染しやすい時期

 それから、3月はもうひとつ大きな運勢テーマとして「人間関係」がポイントになります。

 運勢としては決して安定期ではなく、まるで春の嵐が吹き荒れるかのようにかなりの荒れ模様。本来「土」の時期は、地に足をつけることからも連想されるように、安定を好み、安定を築こうとする意識が働きます。

イライラする人のイメージ(画像:写真AC)

 しかしながら3月の運勢の「土」に限っては、それがなかなかかなわないため、不安をあおったり、イライラを募らせたり、精神的に落ち着かない恐れがあります。

 その負の感情が周りの人に伝染しやすく、さらには荒れている運勢自体が人間関係に影響しやすい特徴を持つため、もめ事が起きやすい状態になっています。

 しかし、もめ事が起きた後の対処方法によっては、土の特性上「雨降って地固まる」のように、もめる前以上に仲が深まる可能性を持っているのです。

1月から3月の運勢は?


【既婚女性285人に聞いた】「いい夫婦」の条件って何? 「お手本にしたい」と思う芸能人夫婦は?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/02/200228_uranai_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200228_uranai_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200228_uranai_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200228_uranai_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200228_uranai_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200228_uranai_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200228_uranai_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200228_uranai_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画