世田谷に6本もの道路が集まる「六叉路」があった! 成立の背景にある歴史とは

5本以上の道路が集まる交差点を意味する「多叉路(たさろ)」をご存じでしょうか。その魅力について、フリーライターで古道研究家の荻窪圭さんが解説します。


「多叉路」とは何か

 東京には多叉路が多い、と思ったことありませんか? 道なりに行けば目的地へ行けるなと思ったところに、いきなり六叉路とかあったら「えっと、どれが道なりなんだ?」となったり。そういうの、けっこう好きです。

白い線が世田谷通り。茶色い線が古い道筋。青い線が水道道路。と重なっているそれぞれの道を色づけしてみた。背景は標高によって色分けしてある。「スーパー地形」より(画像:荻窪圭)

 ちなみに「多叉路」は「たさろ」と読みます。以前「なんて読むの?」と聞かれたことがありまして、一般的な単語だと思ってたので驚きました。

 たしかに「たさろ」で一発変換できないんですよね。「たしゃろですか?」と聞かれたこともあります。確かに「夜叉」と書いたら「やしゃ」と読みますものね。「たさろ」より「たしゃろ」の方がなんとなくかわいいのでいいかも。

 もともと「交差点」も「交叉点」と書いていました。「叉」は「また」ですから、「交叉点」の方が意味はあってるのです。

 そして一般的に叉の数が5つを超えると(つまり五叉路以上)、「多叉路」と呼びます。

 東京って道路が複雑に絡み合っているので、小さなものから大きなものまで多叉路があるわけですが、そういう交差点に出くわすと、ついiPhoneのアプリで古地図をみちゃうんです。

 いつからそうなったの? なぜ多叉路化したの? ってのが気になってしまうのですね。そうするとどの多叉路にもやむを得ぬ歴史があって面白いのです。

世田谷区にできた六叉路の歴史


【事前にチェック】今回登場する世田谷区の「多叉路」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/04/210408_tasaro_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210408_tasaro_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210408_tasaro_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210408_tasaro_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210408_tasaro_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210408_tasaro_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210408_tasaro_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210408_tasaro_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210408_tasaro_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210408_tasaro_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210408_tasaro_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210408_tasaro_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210408_tasaro_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210408_tasaro_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210408_tasaro_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画