下北沢に続々オープン 音楽不況も「レコード店」が元気なワケ

演劇や音楽を始めとするサブカルの聖地「下北沢」。そんな下北沢の駅周辺には多くのレコード店が軒を並べています。いったいなぜでしょうか。ブログ「WASTE OF POPS 80s-90s」管理人のO.D.A.さんが解説します。


次々に閉店する街のCDショップ

 音楽を聴く主な手段がCDから配信・ストリーミングへと移行していることもあり、日本全国で街のCDショップが次々に閉店しています。

 一方、アナログレコードの再評価の動きもあり、レコードを扱うショップは、大手のタワーレコードやHMVがアナログ専門のショップを展開するなど、新たな「レコード店」がオープンする動きもあります。

 そんな今、東京の中で最もレコード店の動きが激しい街は下北沢です。

個性的な輸入・中古レコード店が集まる下北沢

 2000年代の一時期には20を越えるレコード店があった下北沢ですが、2000年代後半以降、「ハイライン・レコード」「イエローポップ下北沢店」「ワルシャワ」、そしてもともとは下北沢が本店だった「レコファン」等の有名店を含む多くの店舗が閉店しました。

 2020年に入ってからも、オーナー飯島直樹氏の逝去に伴って、地域の名物店だった「DISC SHOP ZERO」が閉店しました。

 しかし、日本屈指の「レコード店密集地域」であった渋谷の宇田川町かいわい、西新宿の小滝橋通り周辺がかつてのにぎわいを失いつつある一方、下北沢は他の地域のようにただ減っていくのではなく、店舗数こそ最盛期には及ばないものの、今も新たなレコード店が続々とオープンしているのです。

 かつては南口商店街のオサダ楽器店、現在の小田急東口改札のそばに位置していたフジレコード店等、アイドルから演歌までの新譜を扱う「街のレコード店」がありました。今の下北沢にはそのようなタイプの店は既にありません。

 かわりに、こだわった品ぞろえで勝負する、個性的な輸入・中古レコード店が集まっています。

ニューオープンも絶えない


【地図】いくつ知ってる? 「下北沢駅」周辺のレコード店を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/08/200820_records_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200820_records_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200820_records_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200820_records_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200820_records_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200820_records_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画