コロナ時代こそ聞くべき? 疫病退散を願う江戸の庶民を描いた『風邪の神送り』【連載】東京すたこら落語マップ(10)

落語と聞くと、なんとなく敷居が高いイメージがありませんか? いやいや、そんなことありません。落語は笑えて、泣けて、感動できる庶民の文化。落語・伝統話芸ライターの櫻庭由紀子さんが江戸にまつわる噺を毎回やさしく解説します。


テーマは厄神を追い払う行事「神送り」

 令和の疫病「新型コロナウイルス感染症」は、私たちの生活や社会に多くの変化をもたらしています。医療の発達した現代社会ですら大きな脅威なのですから、昔はいかばかりか図り知れません。

 日本ではコレラやペスト、天然痘、インフルエンザなど、さまざまな疫病が人間を脅かしてきました。これらの疫病は悪い神様がはやらせるものとされ、各地で悪神を送り出す「神送り」の儀式が行われており、現在でもその歴史が残されています。

歌川芳員 画「諸神の加護によりて良薬悪病を退治す」(画像:櫻庭由紀子)

 特に、天然痘(疱瘡)をはやらせる神様「疱瘡(ほうそう)神」は各地に存在し、地域ごとにさまざまな「神送り」(厄神を追い払う行事)や天然痘から身を守るまじないが行われました。今回は、その神送りを題材にした落語「風邪の神送り」の紹介です。

※ ※ ※

 悪い風邪がはやり、町内軒並み風邪にかかるようになってしまった。

「こう陰気ではいけない。ひとつ陽気に風邪の神送りをして疫病神を追い払おうじゃないか」

「どうやるんだい」

「1軒からひとりは出てきて大勢集まったところで『おーくれ送れ、風邪の神を送れ、どんどん送れ』と言いながら隣町まで送り出してしまうんだ」

「それはよかろう」

 神送りをすると聞きつけて、夜具にまるまった風邪っぴきの者まで出てきて参加することに。

川の中へ風邪の神を送り出したが……


【地図】都内にある三つの「疫病退散スポット」を確認する

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/05/200528_kamiokuri_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200528_kamiokuri_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200528_kamiokuri_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200528_kamiokuri_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200528_kamiokuri_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200528_kamiokuri_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200528_kamiokuri_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200528_kamiokuri_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200528_kamiokuri_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200528_kamiokuri_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200528_kamiokuri_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200528_kamiokuri_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200528_kamiokuri_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200528_kamiokuri_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200528_kamiokuri_06-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画