和装から洋服へ――昭和初期、東京の女性ファッションを一変させた「大火災」の記憶

女性のファッションの流行は、毎年、毎シーズン更新されていきます。かつて和服が中心だった日本・東京の女性たちが、洋服を着るようになったきっかけとは――。ノンフィクション作家の合田一道さんが昭和初期の「ある事件」をたどります。


コロナ禍のマスク同様、「ズロース」が品薄になった時期があった

 新型コロナウイルスは、今なお東京、日本のみならず世界を席巻しています。

 ウイルスが知らず知らずのうちに人から人へ感染するといわれ、日本政府は急ぎ国民にマスクを2枚ずつ配りましたが、それだけでは足りず、店頭に並ぶと飛ぶように売れていく時期が続きました。

 新型のマスクの宣伝をテレビや新聞で見た人も多いことでしょう。

 マスクが足りなくなるなんて、以前は思ってもいなかった現象です。この一件で私(合田一道。ノンフィクション作家)は、ある事件がきっかけで女性の「ズロース」が売れ出し、品薄になったという話を思い出しました。

 若い人たちは、ズロースとは何かを知らないかもしれません。これは、一般的なパンツより丈が長め、半ズボン型のゆったりとした作りの下着で、かつては一般的に使われていたものです。

1932年12月、日本橋で起きた百貨店火災

 ある事件とは1932(昭和7)年12月16日朝、中央区日本橋にあった百貨店「白木屋」で起こった火災です。

 14人が犠牲になるという惨事でしたが、このうち13人が店員で、しかも半数以上の7人が女性店員でした。

白木屋の火災。救助活動は困難を極めた(画像:合田一道)

 なぜ女性店員が多く犠牲になったのかというと、「腰巻き」をした和服姿だったことが一因でした。

 猛火に追われ、5、6階の窓からロープを伝って逃げ降りる際、吹き上げる煙に巻かれて着物の裾がまくれ、慌てて裾を抑えようとして転落してしまったのです。

 裾を気にして落ちる? なぜ? と思われそうですが、この火災を教訓に女性はズロースを着用するようになったという、実際にあった出来事です。

人目を気にして、片手を放してしまった


【着物の調査】「持っていない」7割、「持っていても着る機会なし」5割

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/09/200925_drawers_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200925_drawers_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200925_drawers_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200925_drawers_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200925_drawers_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200925_drawers_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200925_drawers_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200925_drawers_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画