売上高はピーク時の半分でも、百貨店が決して「オワコン」じゃない理由

かつては「小売業の花形」として就職人気ランキングでも上位だった百貨店。そんな百貨店が現在、苦境に立たされています。その理由について、商い未来研究所代表で、小売流通専門誌「商業界」元編集長の笹井清範さんが解説します。


小売企業を揺るがすアマゾン

 私たちはコロナ禍でも、暮らしを楽しむために欲しいものは欲しいし、買い物はするものです。

 しかし新しい生活様式のなか、その「買い方」「買う場所」は大きく変わりました。あなたも最近の買い物を振り返って、そう実感するのではないでしょうか。

 そうした変化を証明するように、この10年間に売上高を約4倍に伸ばし、2020年も25%以上成長した企業があります。コロナ禍で多くの企業が業績を落とす企業が続出するなか、独り勝ちと言っていいでしょう。

 いったいどの企業でしょうか? あなたの生活を思い出してみましょう。

 巣ごもりの自宅でソファにくつろぎながら、あなたはスマホを手にします。欲しいものがあれば、数クリックで購入手続きは済み、早ければ翌日には宅配便が届けてくれます――そう、コロナ禍で伸びたのはインターネット通販のアマゾンです。

 先の数字は日本事業の業績で、直近2020年の売上高は2兆1893億円。この数字、イオン、セブン&アイ、ファーストリテイリングという名だたるメード・イン・ジャパン小売企業に迫る国内4位の規模となっているのです。

小売業進化の裏にある理論

 ここで質問です。あなたは「小売りの輪」という言葉を聞いたことはありますか?

百貨店のイメージ(画像:写真AC)

 これは、アメリカのマルカム・P・マクネアという経営学者が1957年に唱えた、小売業の栄枯盛衰を説明する理論です。「輪」とは次の四つを繰り返すことを意味します。

1.革新的小売企業が低コスト・低サービス・低価格路線で、既存の企業の顧客を奪って市場シェアを拡大。
2.同じ手法を用いた追随者が登場して、競合が激しくなる。
3.差別化を図ろうと、品ぞろえやサービスのレベルを上げて高付加価値ビジネスへ移行していく。
4.すると、新しいイノベーションを用いた革新的小売企業が現れて顧客を奪っていく。

 こうした四つの局面をループ状に繰り返しながら、小売業が進化していくというものです。

止まらない百貨店の業績悪化


【画像】暮らしづくりから街づくりまで――暮らしの全部がそろう店を掲げる「無印良品 東京有明」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/03/210325_hyakka_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210325_hyakka_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210325_hyakka_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210325_hyakka_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210325_hyakka_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210325_hyakka_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210325_hyakka_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210325_hyakka_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210325_hyakka_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210325_hyakka_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画